トップページに戻る
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、袋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。

 Shopping-contents

西陣織帯地
着物の悦び
裂取鳳凰文
着物の悦び
西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文
着物の悦び
西陣織袋帯帯地
−裂取鳳凰文− 
着物の悦び
華やかな染めの着物=付下・訪問着には西陣織袋帯は欠くことの出来ない帯だと思います。
幾重にも織り込まれた様々な色彩の糸に依って織り出された西陣織は「凛」とした雰囲気を保っています。特に、袋帯に表現されたボリュームは「着物の華やかさ」の中に「礼」を感じさせれくれると思います。
袋帯に有職文様・正倉院文様が多いのは「礼」「格調」を意識しているからに他ならないと思います。

さて、礼装を意識して着物を装う際には、やはり、そんな袋帯が無難です。こちらの袋帯は「正倉院文様」の裂を組み合わせた文様です。
但し、色彩の配色や文様の意匠には、機屋の意向が感じられます。
金糸・銀糸を多用することで、一方的に格調を感じさせるのではなくて、文様のデザインと色彩、そして、機織(はたおり)の技術で、帯の個性を表現しています。
金銀錦ではありませんが、格調と品位を備えた西陣の手織に依る袋帯です。

こうした帯は、色無地から付下・訪問着と幅広くお使い戴けます。

銘は「裂取鳳凰文」。
着物の悦び
西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文西陣織 裂取鳳凰文
商品番号 kfo_1007
西陣織袋帯
価格 \320000(税別)
付け帯をご希望の方はお問い合わせ下さい。
長さ:1丈1尺5寸程(約4.4m前後)/正絹100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文をお願い致します
\320000(税別)/帯のみ
\330000(税別)/帯+御仕立て
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.
デザイン・加工・細工について盗用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。過去に差し止め請求が発生した事もあります

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
展示会期間中は営業致しております
お問い合せはお電話でも承ります