トップページに戻る
サイトマップ

お単衣と夏季にお楽しみ頂ける帯地をご紹介を致しております。
小千谷麻/能登上布、紅梅小紋、絽小紋などにお使い頂ける少々"軽装着的な麻帯から、余所行きな印象を想わせる絽染め帯、そして、染織工芸を意識させる上布帯地、原始布織物、染織家が手掛けてた作品性ある帯地。
季節、TPOに応じて様々な素材や印象をお楽しみ頂く事が出来るかと思います。

 

 Shopping-contents

   
生紬.単衣と夏の染め帯タイトル
背景
生絹.九寸名古屋帯 タイトル
 
夏紬の織帯
夏紬の織帯
生絹の帯生絹の帯生絹の帯
 
生絹.手織九寸名古屋帯(網代/格子織)
単衣/夏季
 

生絹..、未精練の織糸で手織りされた九寸巾の帯地です。
未精練の織糸とは、要するに、繭からつくられた糸に加工..、洗っていない、また、または洗い切っていない糸のことです。通常、繭からつくられた糸には、油分や不純物がついていて、硬くて、糸も不均一の"きなり"をしているんですが、染めやすく、織に適した織糸とするため、精錬、要するに洗うんです。精錬された糸は、むらの少ない綺麗な染色を期待できるし、また、生地として柔らかい質感を生み出すんです。
反対に、未精練の織糸を使い生地を織ると、硬い質感と張りが出てきます。また、打ち込みが荒くなり、緯糸と経糸を細かくみると、極々僅かな隙間を確認できます。
こうした未精練の織糸は、単衣や夏季の生地素材に使われることが多いでんす。

こちらに掲載をさせて頂いた織帯は、未精錬の織糸を使い、手機で織られています。

特に難しい織物ではありません。しかし、量産や機械織で織られた織物とは、ちょっと雰囲気が違います。手機特有の"あいまいさ"の加減があって..、実際にお使いになると、ちょっとした手仕事の雰囲気が出てきます。

浴衣..、紅梅小紋や奥州小紋、綿織物、麻織物などを想定して取り扱いをはじめたのですが、軽い夏織物にもお使い頂いても、お着物と帯のバランスが崩れるものではありません。

お単衣/夏季の軽めのお着物にお使い下さい。

 
生絹の帯生絹の帯生絹の帯
生絹 織帯単衣帯地手織帯地
商品番号 skto_40002
生絹.手織九寸名古屋帯
価格:60.000円(税別)
長さ:9尺8寸程/約4m以内(お仕立て上がり)/正絹100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文をお願い致します
60,000円(税別)/帯のみ
70,000円(税別)/帯+御仕立て
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります