トップページに戻る
サイトマップ
"夏の着物"を掲載致しております。麻織のお着物、絽小紋/生紬のお着物、絽のお着物...、街着としてお着物から余所行き/礼を意識したお着物。そして、趣向性を漂わせる上布などを掲載致しております。
夏の余所行き着物としてお召し頂けます。
 

 Shopping-contents

   
夏季とお単衣のお着物.タイトル
背景画像
新垣幸子.八重山上布 タイトル
 

 
草木染め苧麻織物
沖縄県指定無形文化財
八重山上布
使用草木: 楊梅(やまもも)
 
色彩と絣模様..、それぞれが、絶妙な均衡を保っているようです。
まる黄色い光の中に、白い模様が煌めいているかの様にも、感じられます。
沖縄の草木染め手織苧麻織物..、八重山上布のお着物です。

このあざやかな色は、楊梅で染められている...、草木染めの中で、黄系の色をつくる際に、楊梅は、時折、使われる植物です。
楊梅が、草木染めで使われることが、珍しいことではありません。
けれども...、この八重山上布の楊梅の色は、とても、あまり感じたことない印象を伝わってくる様です。
綺麗とか、あざやかと言うだけではない様なこの八重山上布特有の色の気配みたいなものがあるような感じなんですね。もちろん、楊梅は、八重山に自生している...、自然採取の楊梅が使われています。
八重山諸島と言う..、南の島の"楊梅の木"からは、その土地、八重山ならではの色が生まれるかもしれない。

そして、この楊梅の色の中で、白く煌めくような絣模様が織り出されています。この絣模様も、八重山に受け継がれてきた絣模様なのです。

この八重山上布を見て..、一体何に惹かれるのか?
色も美しいし、絣模様も綺麗である...そして、薄く、とても、薄く織り上げられたこの黄色い織物が、光と、空気に触れると、涼感の気配のようなものをも伝えるのです。

八重山上布は、八重山の苧麻を手績みした苧麻糸を緯糸として使い、八重山の植物で、色を染め...、伝統的な絣模様が織り出されるのです。
南の島..、すべて八重山での仕事。八重山以外の土地では、どうやら、こうした空気感は生まれない様です。
色も..、絣も..、生地の質感覚も...、伝わって来るその空気は、八重山の特有の空気感と言う訳なのです。
惹かれる理由は、無意識に、八重山の空気感を感じているからなんだと思います。

この八重山上布は、楊梅と言う、たったひとつの色と、ごくありふれた絣模様だけで織り上げられています。
伝統的な作品性の色が濃い..、ただ、伝統的な"かたち"に、これほど綺麗に即してつくられることは、むしろ少ないのかもしれません。
けれども、この伝統的な作品性が、この八重山上布の個性となって...、特有の"美しさ"と"涼感"を伝えてくれているのだと思います。

 


商品番号 sjrye_70003
沖縄県無形文化財.八重山上布
経糸:苧麻糸
緯糸:苧麻糸(手績み)
草木:楊梅
丈 : 3丈3尺程(約12.5m)
巾 : 1尺3分程度(約39cm)  
価格:938,000円(お仕立代込み/税別)
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お仕立て上がり価格(衿裏と居敷当付き)です。
寸法やお仕立に付いての詳細なご案内は、ご注文後に弊店より送信させて頂く<ご注文内容のご確認メール>の中でお知らせをさせて頂きます。
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります