トップページに戻る
サイトマップ
ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。
 

 Shopping-contents

 
染織工芸帯地 タイトル
背景
本場結城紬 帯地 タイトル
 
本場結城紬
本場結城紬 帯地
 
本場結城紬:地機
格子織九寸名古屋帯
 

本場結城紬は、繭から真綿をつくり、その真綿より引き出しただけの糸..、真綿糸を使い織り上げられています。
職人の指先で引き出されたの真綿糸は、細く々々引き出されただけで、撚り合わせさえもされていない。そんな織糸だけが使われているから、本場結城紬は、柔らかくて、軽い..、そして、軽いのは真綿糸に空気を孕みやすいからなんですね。

本場結城紬、特に地機織は、何から何まで、手仕事だけでつくられています。合理化とか、機械化された素材や制作手法はありません。
そのためなのか..、地機の本場結城紬は、手触りや感触からは、"製品"の匂いはありません。
むしろ、オーガニックな空気感が伝わってくるんですね。

本場結城紬には、しばしば、耳にするお話があります..、"三代、着られる"などというお話です。こうしたお話なんですが、それ程、耐久性があるかどうかは別として、実際に<着物として着やすい>とか<"ひと"の身体に馴染みやすいと言うことは間違いはないと思います。
それは、何かもか手仕事でつくられるため、手掛けている"ひと"が、着られるための"配慮"..、「この程度がちょうど良い」と言った加減をしながら手掛けているからだと思います。

"着物として着やすい"筈の地機.本場結城紬で帯地を誂えると言うのは、少々贅沢なお話かもしれません。
ただ、この織物に触れる際の手触りは、他の帯地では得られない感触があるし、織物としての質感がとても良い..、柔らかさが触れるだけではなくて、眼にした感じにも伝わってくるんです。内からと言うか、生地の奥からふっくら感みたいなものが伝わってくる..、この感じは、地機の本場結城紬でなくて伝わらない感じなんです。
こうした感じは、"地機の本場結城紬しかない"と言うよりも、地機の本場結城紬なら当たり前の感じ...、それは、何もかも手仕事だけでつくられているし、"手掛けているひと"が、"着物"として、"帯"として使われる際の"加減"を想いながら仕事をしてくれている。
だから、たとえ帯地となっても、手に馴染み、また織物の帯として他にはない空気感を伝えてくれる訳です。

こちらに紹介をさせて頂いた帯地なんですが、織り込まれた色のすべてが優しく、柔らかな質感の色ばかりです。藤色がとても印象的です。しかし、あざやかでもなくて、派手でもない..、これほど、見た眼に綺麗であると、ちょっと派手な感じを思ってしまうことがあります。でも、まったく派手さ、艶やかさはないんです。これは真綿糸の柔らかさが、色彩を抑え、控えているようなんですね。
その上、格子織となっているにも関わらず、砕けた感じもないし、格子特有の強い印象もない。
格子を構成している縞と縞..、やはり、織物として柔らかい印象を伝えているんです。だから格子でありながら、柔らかさを保ち続けている(縞や格子が柔らかくみえるのは真綿の地機織特有のようです)。
格子の織物に、よくある砕けた感じなどまるでない。柔らかさが、ちょっとした余所行き感を漂わせているようです。

要するに、この織物の色の感じや質感は、地機の本場結城紬だから感じ伝わってくると言う訳です。他の織物では、こうした空気感や存在感は決して出ない。

こうした藤色なんですが、どこかで見掛けたことがあるようで、どこだったのか思い出せない。こうした柔らかな感じも同じです。山や森の中で、時折、眼の中に入ってくる感じに近いかもしれませんが...、そのままではない。"ひと"が手掛けているにも関わらず、人工的な感じがないんですね。オーガニックな空気感がある。
織物の帯地ですから、普段遣い的な帯となるかと思いますが、ちょっと余所行き感を楽しみながらお使い頂けるかと思います。

 
本場結城紬 帯地.制作 地機
地機 本場結城紬 帯地
商品番号 kgo_59141
本場結城紬:地機
格子九寸名古屋帯
価格:280,000円(お仕立代込み/税別)
長さ9尺7寸保証(約4m以内/お仕立て上がり)
経糸:手引き真綿糸
緯糸:手引き真綿糸
地機織
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります