トップページに戻る
サイトマップ
紬の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として紬です。
真綿糸 草木染め

 Shopping-contents

重要無形文化財指定絹織物
真綿糸 草木染め
ばら染め タイトル
真綿糸 草木染め 真綿糸 草木染め 真綿糸 草木染め 真綿糸 紬織真綿糸 紬織
手織紬緯緯手織緯
真綿糸 草木染め
草木染め手織紬織物
双紬(経糸/緯糸 真綿糸)
緯段織/ばら 藍
真綿糸 草木染め

こちらにて掲載をさせて頂いた紬織物...、グレイ系色、ほぼ色のない無彩色の織物として眼に映るとかもしれません。色気のない..、飾ると言うことを知らない..、織物。 でも、何となく「それら以上」の存在感みたいなものがあるとは感じられないでしょうか?

この紬織物なんですが、経糸.緯糸(たて糸.よこ糸)双方とも真綿糸で織られた手織紬です。
この経と緯、双方とも真綿糸で織られた手織紬と言えば..、本場結城紬などが、その類の紬織物に挙げられます。使われている織糸、そのすべてを真綿糸で織るということは、本場結城紬を想って頂ければお分かりかと思うのですが、とにかく軽く、柔らかい..、そして、全体的に「ひと」が手掛けたと感じさせる手づくり感じがあるんです。
近代的な匂いと言うものがまったく感じられない。
ただ、本場結城紬は、文化財としてのあまりに精緻な仕事を求められるためなのか、「近代的な匂い」というものはないかもしれないけれど、妙に「綺麗すぎる感じ」が伝わってくる様な気がします。
また、この「綺麗すぎる」と言う表現なんですが、何に対して「すぎる」のかと言うと、本来的に民芸とか実用の美などの..、もちろん、日常着とまでは申しませんが、必要以上に飾らない着物である筈が、この本場結城紬については、"余所行き加減"みたいなものが、色濃く、強くなって来ているような感じがします。
「綺麗すぎる」のは、極上な手織紬と言う宿命を背負っているからなのかもしれません。 何か、誰かを意識する..、余所行き的な色気みたいなものを纏った織物になっている様なのです。

こちらでご紹介をさせて頂いた真綿の手織紬には、真綿糸の素材感と紛れない草木から染めだされた色を、真っ直ぐに表現されているのです。
この織物を制作した織人なんですが、あえて手織の感覚を伝え残している...、そのために、わざわざ、織糸となる真綿糸の制作にも注文を付けるし、自身もこの織糸の制作に手を掛けています。
緯に織り込まれた織糸は均一ではない..、複数の杼を感性に任せるが如く揮うことで、緯に特有の質感をつくり出すのです。
しかし、"つくりもの"..、と言う感じがない。作為的つくられた「織の景色」にも関わらず、作為で飾るのではなくて、織人の感性が伝わって来るんです。

この織物の色..、この一見すると色が感じられない無彩色を想わせるグレイ系の色目は「ばら」からつくられた色。
この"ばら染め"された真綿糸は、淡い、そして、濃い..、甘い(?)と、色の加減毎に杼に分けられ緯糸として織り込まれることで、無彩色の色から「この色」をつくり上げられているわけです。
また、グレイ系色に対して緯段にみえる縞のような織には、"ばら"に少しだけ藍を掛けた織糸が織り込まれたもの...、あまり見掛けることのない織物の景色かもしれません。
グレイ系の色は淡いようでもあり、深く色の質感が感じられます。色のない色であった筈が「何かの色」を感じさせている。そこに、秩序がないかのように織り込まれた織の軌跡が、色に色を与え、織に感情を与えているかの様なんです。
あえて"何となく、荒れた感じ"をつくり出しているのかもしれません。でも、こうした演出には、普通ではない染織の知恵と技術をも求められる...、かと言って、たった"ひとり"で織り上げなくてはならないんです。
本場結城紬のような職人組織では、絶対に認められない創作的な感覚/感性がつくり上げた織物。綺麗すぎない..、そして、洗練という、極上という言葉に媚びない、織人の創造性や表現力が漲っているかのようなんです。

この草木染め手織紬なんですが、本場結城紬のような綺麗さはありません。でも、とても感性的で、他にはあまり感じられない存在感があります。制作者のイマジネーションみたいなものが強く感じられるんですね。だから、眼に映る以上の色を感じてしまう。
陶器で言うなら..、ちょっとした名工が手掛けた織部焼のような存在感かもしれません。

織人の感性が響く草木染めの手織紬。

真綿糸 草木染め
商品番号 jskm_10001
草木染め紬織物
価格 \320000(税別)
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
御仕立てをご希望される場合は、ご注文の際に"お仕立て希望"とお申し付け下さい。御仕立代・寸法・八掛地のお色目・納期などにのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文をお願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
まずは「反物」のみのご注文となります。
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
展示会期間中は営業致しております
お問い合せはお電話でも承ります