トップページに戻る
サイトマップ
紬の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として紬です。
 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
線背景
草木染め手織紬.タイトル
 
 
草木染め手織紬
ばら染め/やたら織
経糸/糸緯.真綿糸使用(真綿糸の双紬
 

この紬織物を眼にしていて何が見えるでしょうか?
まずは、ご覧になっているPCモニターの加減で、彩色印象に違いがあるかとは思いますが"灰色の無地の紬"..、無彩色の紬織と言う印象を持たれるかと思います。
こうした無彩色の無地織は、時として、愛想のない織物とか、無味乾燥した織物と言う印象に止まりがちとなると思います。

しかし、この紬織を眼にしていて..、<無味乾燥した感じ>や<愛想のない織物>と言った空気は伝わってこないのです。
むしろ、"脈動"のようなものが感じられるのです。

この織物ですが、緯(よこ)に織斑(おりむら)のような痕が、延々と続いています。
無地織でありながらも、まるで景色がつくられているかの様です。
この織斑のような痕は、同じ草木で染められた様々な濃度の同色系の真綿糸を、緯糸として打ち込んでいるのです。この打ち込みの感覚は、制作者の感性と意識だけに依っているのです。
ただ、特に考えられている訳ではないようです..、身体に染みついた経験と美意識が、無意識のうちにこの織の景色をつくっているようなのです。

無彩色の無地織でありながらも、眼にしていて飽きないのです。
同じような"景色"が眼に映るだけなのですが、眼にしている"私"は、この"景色"がつくる"脈動"のようなものに惹かれるのです。

この織物ですが、"ばら"を唯一の染料として染められています。
経と緯、双方とも真綿糸が使われ"ばら"で、この真綿糸を染めることで、"こうした色"をつくっています。
緯の織斑は染められた真綿糸の濃淡でしかありません。まったくの単彩の織物の筈なのです。それでも、眼にしていると何処か"色"を感じてしまうのです。
きっと、みている"私"が、無彩色の中に勝手に色を憶えてしまっているのかもしれません。
気が付いてみると..、"感じた色"を織斑の中に見失っているのです。やはり..、それも、この織物に漂う"空気感"から憶える"眼の迷い"なのかもしれません。

この"ばら"で染められた真綿紬(双紬)ですが..、眼にしていると様々なものが見えて来ます。感じるもの、見えるものは"ひと"それぞれかもしれませんが、とてもとても詠嘆的な空気を感じるはずです。

こうした手織紬は、袖を通し、愛好することで、より馴染んでくるものです。
反物として織り上げられるためだけに、草木染めがなされた訳でも、織られた訳でもないのです。着物のとしてお召しになって、何年も愛好されるために、糸を選び、染めが施され、そして、機に掛けられるのです。この織物ですが、お召しになられると、この織の空気感や魅力を一層楽しむことが出来ます。

*この紬織の彩色ですが、PCモニターの加減で、少々<硬い>印象の色と質感として、伝わってしまっているかもしれません。
彩色印象としては、柔らかなグレイ系となります。とても、先に書かせて頂きましたが、"ばら"で染められた"グレイ系"の真綿糸ですが、まったく同じ色の真綿糸だけが使われている訳ではなくて、"濃度が違う"グレイ系の色"を7色ほど使うことで、この織物の彩色はつくられています。そのため、生地の"色"とか"織の表情"に"奥行き"みたいなものが生じているのです。
こうした"奥行き"が、光の温度や角度によって、色印象を変えるようなのです。
また、経糸と緯糸、織糸すべてに真綿糸が使われていますので、質感も柔らかく、空気をはらむために、とても軽く感じられます。
こうしたデリケートな織物のため、PCモニターの色彩再現によって、実際との違いが生じることをご容赦下さいますようお願い致します。

 


草木染め 手織紬 ばら染め草木染め 手織紬 ばら染め草木染め 手織紬 ばら染め草木染め 手織紬 ばら染め
草木染め 手織紬 ばら染め草木染め 手織紬 ばら染め草木染め 手織紬 ばら染め
商品番号:jskm_10004
草木染め紬織物/緯やたら織/緯ばら染め
価格 506,000円(袷.お仕立代込み/税別)
巾 : 1尺保証(約38cm)
総丈:3丈3尺(約12.5m)以上
お仕立寸法・八掛地のお色目・納期などのご案内は、ご注文後、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより、ご注文をお願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります