トップページに戻る
サイトマップ
織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。
 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
背景画像
菊池洋守 八丈織 タイトル
 

 
菊池洋守 作
丸八丈織:まなこ織/黒
 
"黒"と言う色が、"絵"になる絹織の着物は、極めて珍しいものかもしれません。
菊地洋守が制作する"黒の織物"には、何時も特有の色艶が感じられます...、色艶と言うよりも、ある種の魅力と言う意味も込めて"色気"のようなものがあるんですね。

そもそも、着物において"黒"と言う色は、儀礼を想わせる"色"のひとつに挙げられたり、また、"控える"と言う意識を求められていた筈です。
しかし、菊池洋守の"黒"には、"儀礼"を想わせるところはないし、"控える"と言う感じがしない..、純粋に"色の美しさ"を表現するための"黒"と言う感じなんです。
こうした"黒"は、他にはない。

"丸まなこ織"は、菊池洋守だけが手掛ける染織手法ではありません。
八丈島の本場黄八丈に伝承されている織なんですが..、たとえ、本場黄八丈の"黒(黒八丈)"の"丸まなこ織"であっても、こんな"色気"はありません。
要するに、"丸まなこ織"の"黒"に"色気"があるわけでなくて、やはり、どうやら、菊池洋守の"黒"が、"妖艶な空気"みたいなものを持っている様なのです。

この"丸まなこ織"の"黒"は、何時も同じ"黒"として映る訳ではありません。光と生地の浮き沈み加減によって、その"黒"の表情が変わるのです。
それまで眼にしていた"黒"の感じとは、違う感じを伝えてくるようなのです。
"色"が、"表情"を持つと言うことに、何故か不自然さをも憶えない...、まるで、森林の影に差し込む"木洩れ日"の加減のように、ごく自然な色の"表情"として、この"黒"の"表情"の豊かさに惹かれるんです。
単純な、"色"以上の何かを感じているようなんです。

菊池洋守氏は、絹糸が、どのように染めて、どのように織れば、どのような雰囲気の着物となるのか、そして、どんな色の表情を生み出すかを、知っているのだと思います。
だから、"黒"一色の無地織印象の織物だけで十分に絹織の存在感を伝えられるのかもしれません。

菊池洋守氏の織物は、その質感からか貴装を想わせます。
紬織と言うより、遙かに都会的でもあるのです。
特に"黒"の無地印象の織物です。西陣織などと適わせる事で、余所行き感以上の装いとなります。

*上段画像では、西陣織九寸名古屋帯(勝山健史)とあわせみました。
*下段画像では、琉球本紅型染め帯(玉那覇有公)とあわせてみました。
*最下段画像では、西陣織九寸名古屋帯(洛風林)とあわせみました。

 
商品番号:ktg_70623883
菊池洋守 制作
八丈織:丸まなこ
総丈 : 3丈3尺程(約12.5m)
手織/絹100%
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

菊池洋守:丸まなこ織×西陣織九寸名古屋帯地(洛風林)

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります