トップページに戻る
サイトマップ
紬の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として紬です。
背景の画像

 Shopping-contents

重要無形文化財指定絹織物
背景の画像
菊地 本場黄八丈 タイトル
背景の画像
黒八丈本場黄八丈紬織八丈織菊池洋守
八丈島黒八丈丸まなこ手織紬
背景の画像
八丈織/菊池洋守 作
−<丸まなこ織:黒色>−
背景の画像

<黒>と言う色が"絵"になる着物は、極めて珍しいものです。
菊地洋守が製作する<黒>は、<丸まなこ>に限らず、何時も独特の色艶がある...、色艶と表現するよりも、ある種の魅力と言う意味も込めて<色気>のようなものがあるんですね。

そもそも、着物において<黒>と言う色は、儀礼を想わせる色のひとつに挙げられたり、また、<控える>と言う意識を求められていた筈です。
しかし、菊池洋守の<黒>には、<儀礼>を想わせるところはないし、<控える>と言う感じがない...、むしろ、純粋に<色の美しさ>を表現するための<黒>と言う感じなんです。
こうした<黒>は、他にはない。

<丸まなこ織>は、菊池洋守だけが手掛ける染織手法ではありません。八丈島の本場黄八丈に伝承されている織なんですが...、たとえ<黒八丈>の<丸まなこ織>であっても、こんな<色気>はありません。
<丸まなこ織>の<黒>に<色気>があるわけでなくて、やはり、どうやら、菊池洋守の<黒>が、<魅力的妖しさ>みたいなものを持っているんです。

この<丸まなこ織>の<黒>は、何時も同じ<黒>ではない...、光と生地の浮き沈み加減によって<黒>の表情が変わるのです。
それまで眼にしていた<黒>の感じとは、違う感じを伝えてくるようなのです。
<色>と言うものが<表情>を持つと言うことに、何故か不自然さをも憶えない...、まるで、森林の影に差し込む"木洩れ日"の加減のように、ごく自然な色の<表情>として、この<黒>の<表情>の豊かさに心奪われるんです。
<黒>であって、<黒>と言うか<色>以上の何かを感じているようなんです。

この<黒>は、<色>だけを求めて得られた<黒>ではなくて、菊池洋守の"織の美しさ"から生まれた"色"のひとつのようなんです。

繊細で上質な絹糸が織り込まれた<丸まなこ織>は、手織の質感を保ちながらも精緻精巧の極めている...、眼を近づけば近づけるほどその細密が伝わってくる。織のひとつひとつが"その芯から「きりっ」"とした表情をもち、特有の色艶や質感をみせているのです。生地が生きているかのように"温もり"みたいなものを伝え、そして、"しなやか"なのです。
菊池洋守氏は、絹糸が、どのように染めて、どのように織れば、どのような類の織物となるか、当然のように計り知っているんですね。何もかも知り尽くしながら、敢えて、無地織印象であり、かつ、<黒>一色と言う織物に挑んでいるのです。

単色の無地織...、それも<黒>と言う禁欲を想わせる無彩色です。その中で織物の質感や視覚的な効果を表情する...、騙し事が一切効かない最も難しい織物でありながらも、見事に菊池洋守特有の織物を完成させている。

この<丸まなこ織>の<黒>は、綺麗なんです。これ以上飾る必要もないくらいな綺麗な色をしている。ちょっと離れていても、綺麗と感じる<黒>です。もちろん、目立つ訳ではないし、派手と言う訳でもはない。
<黒>と言う<色>にそれまでなかった印象を生み出したのかもしれません。

着物としては、見掛けない<黒>です。
しかし、着物の<色>としてこの<黒>からは、不思議な魅力的な美しさが直感的に響いてくるんです。そもそも、無彩色である筈の<黒>から生まれた<色気>だからこそちょっと妖しい魅力があるのかもしれません。
菊池洋守の<色>で、ここまで<色気>が感じられるのは<黒>...、特に、<黒>の<丸まなこ織>でしょうね。

菊池洋守氏の織物は、その質感からか貴装を想わせます。
紬織と言うより、遙かに都会的でもあるのです。特に<黒>の無地印象の織物です。西陣織などと適わせる事で、紬織よりのもうひとつふたつ余所行き感を意識したTPOにもお使い頂けます。

背景の画像
菊池洋守 ベージュ八丈織 菊池洋守手織草木染め八丈織
商品番号 jskm_13001
八丈織/丸まなこ織
制作:菊池洋守
価格 666,000円(税別/お仕立代込み)
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
お仕立寸法・八掛地のお色目・納期などにのご案内は、ご注文の後、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文をお願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
展示会期間中は営業致しております
お問い合せはお電話でも承ります