トップページに戻る
サイトマップ
紬の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として紬です。
背景の画像

 Shopping-contents

重要無形文化財指定絹織物
背景の画像
琉球綿織物 藍染め縞織 タイトル
藍の綿織物藍 縞織 藍の綿織物草木染め綿織物草木染め綿織物草木染め綿織物草木染め綿織物
草木染め綿織物草木染め綿織物草木染め綿織物藍の綿織物原田吉郎
背景の画像
琉球草木染め綿織物/藍縞織
原田吉郎 制作
背景の画像

こちらで掲載をさせて頂いた織物は、沖縄で織られた綿織物..、琉球藍と渋木を使い縞織で織り上げられています。
特に、何かを衒った感じはなく..、また、制作者の強い創作性のような何かがが伝わってくると言う感じでもない。また、一方で、その土地が育んだ伝統的な感じとか、民芸的という感じもないのです。
藍の織物..、それも、比較的荒い感じの縞織です。藍の綿織物を手掛ける土地であるならばどこにでもありそうな織物かもしれません。
しかしこの織物をみていて「どこにでもありそうな織物」とは感じられないんです。
藍の色が...、眼に映るこの織物の色が、やけに綺麗に感じられる。眼にしている間、ずっと藍の色が気になる程、魅せられるのです。
ただの「藍染め」が施されたと言うだけでは得られないような...、制作者が、最初から意識的に藍の色加減が図られていたんだと思います。その上、渋木を掛け併せた藍の彩色階調を、縞と縞の狭間に織り込んでいるんです。
もしかしたら、この制作者にとって、草木染めを使い彩色の階調を織り出すことは難しいことではないのかもしれません。それほど、僅かな間に織り込まれた藍の彩色階調は、見事なほどに..、ごく自然な感じで織り出されている。

この織物なんですが、縞織であるし、木綿なんですね。絹織物の様に艶感のある素材ではない。
それにもかかわらず、垢抜けた感じがある。木綿の縞織でありながらも、<砕けていない感じ>を憶えるです。
単純に「縞」とか、「綿織物」には抵抗を感じていても、この藍の縞織を眼にしていると、そんな抵抗が抜けて行くかもしれない..、そんな空気感がある織物です。

この織物の製作者.原田吉郎氏は、琉球美絣をつくり上げた染織家真栄城興盛氏(故人)の実子であり、美絣をはじめ、琉球染織の染織技法を徹底的に学んでいるのです。近年では、琉球の草木を用いて、琉球の織物を手掛ける織人なのです。実父から、学んだ染織技法を基礎に、自身の織物を制作しているんです。
原田吉郎氏が、手掛ける織物は、いつも「どこかにあるかもしれない」と思わせる単調なデザインだったりするのですが...、やはり、自身の手が加えられている。単調なデザインであっても細部にまで手を掛けて、つくり込んでいる。だから、手掛けている織物が、木綿であっても、繊細な織物として映ってくるし、素材の美しさとか綺麗さが浮き上がってくるんだと思います。
そもそも、縞織の間に藍色の彩色階調を織り込むと言うことは、他の織人では手掛けない。
土地の織人では、こんな手間の掛かる仕事はしないし、染織家ならば、細部だけに凝った作品には留まらない筈です。

いい感じの綿織物です。藍の色合いは、格別な程に綺麗です。僅かに黄緑掛かった色合いと、かすかな彩色階調をみせている。それも、縞織の間に織り込んでいる。そのため、縞織が、眼に柔らかく映るようなんです。
藍の綿織物でありながら、ちょっとした上質感覚を憶えるんです。
制作者の卓絶した技量と感性によって織り出された、藍染め琉球綿織物です。

余所行きを意識したお着物としてお楽しみいただけます。

背景の画像
原田吉郎 藍 縞織 藍の綿織物 原田吉郎手織草木染め藍の綿織物
手織綿織物手織綿織物手織綿織物手織綿織物
商品番号 rvks_10001
琉球草木染め綿織物/藍縞織/原田吉郎
価格 \240000
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 9寸8分程(約37.1cm)
御仕立てをご希望される場合は、ご注文の際に"お仕立て希望"とお申し付け下さい。御仕立代・寸法・八掛地のお色目・納期などにのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
まずは「反物」のみのご注文となります。
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります