トップページに戻る
サイトマップ
紬の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として紬です。
草木染め紬織物

 Shopping-contents

重要無形文化財指定絹織物
背景
芝崎重一 草木染め紬織物 タイトル
ログウッド染め座繰糸草木染め紬織座繰糸の草木染め紬織ログウッド染め座繰糸ログウッド染め 紬織
座繰糸の草木染め紬織座繰糸の草木染め紬織座繰糸の草木染め紬織ログウッド染め 紬織
背景
草木染め手織紬織物(座繰糸).芝崎重一/圭一
ログウッド染め
背景

芝崎重一(圭一)氏が制作を手掛ける草木染め紬織は、一見すると「平面的な印象」の紬織の様でもあります。
でも、触れてみると..、眼にしていると..、ちょっと最初の印象が失せて行き、次第にさっきまでとは違う印象が気持ちの中を占めて行く感じがするのです。

芝崎氏の無地織の紬には、見た眼の作為と言うものが一切ありません。無地織そのままでしかありません。でも、少しの間だけでも眼にしていたり、触れてみると..、それは織物として素材感や極めて巧みな植物染めによる彩色の美しさに気が向いて行くのです。

「着る」と言う"実用"を想い、座繰糸を視点として、紬織の制作を手掛けて居られます。制作への想いは「最高の着心地」を求め..、機織(はたおり)以前の「織糸」の制作までに強い視点を保っているのです。
そして、その糸は「赤城の座繰糸」..、機械引きに一切頼らない、手引きの座繰糸..、もちろん、「誰が引いても同じ」ではないのです。座繰糸づくりから機織まで、手掛ける芝崎氏の眼に適う、また、言うなれば「呼吸のあう"ひと"」が、糸をひくことで、生まれる座繰糸でなくてはならないのです。
そして、つくられた座繰糸は、天然の草木染料だけに依って染色され美しい発色を保った糸となるのです。この芝崎氏が手掛けた座繰糸に染められた草木の色は、他の紬織にはない、凛とした緊張感を想わせるのです。

こちらの紬織は、ログウッドで糸染めされた無地織の紬。とてもとても微妙な彩色です。藤色を想わせる彩色ですが、光の加減で藤色よりも希薄な彩色にとして眼に映る時もあるかも知れません。
この彩色ですが、着物の色としてはとても素敵な彩色です..。上質なひき染めを施された友禅で時折見掛ける彩色に近いかもしれません。とても微妙でデリケートな印象の彩色です。

でも、ここにある彩色は紬織の彩色です。本来、織物から感じられる彩色は、どちらかと言うと色そのものに質量のようなものを含んでいるかのような印象傾向があるようなのです。

一般的に、織物で見掛ける彩色とは質感の違う彩色なのです。
恐らく、糸染めをされた時の糸の彩色は、見た眼には殆ど「白色」に近い色なのです。経糸と緯糸が織り込まれて行くことで彩色として浮かび上がる..。
つまり、糸染めの際には、殆ど素人目には確認できないかもしれない程度の微妙な彩色が施される訳です。

通常、薄い彩色の草木染めは、退色しやすく、そして、色に奥行きが感じられない..、揶揄されることが多いのですが、この無地織の彩色からは「色が浅い」と言う印象は全く感じられないのです。
それは、芝崎氏が、当初から「この色を絶対の色」として制作に掛けたからだと仄聞しています。手掛けた色は、確実に想定された色であり、色の奥行きや艶の深さ、そして、色の堅牢度は、すべて図られているのです。

この彩色は、眼にしていると、まるで上質の友禅の如き色艶を保っています。
彩色そのものがデリケートな傾向の彩色でありながら、深く、濃い印象を伝えます。絹に染められた特有の深さと濃さを感じるのです。
そして、この絹地は、染めのものではなくて、織ものなのです。
徹底的に、着物として「上質な着心地」を求められて織り上げられた紬織なのです。

この紬織の施された彩色ですが、ひとの肌に馴染みやすく、ひとを柔らかな印象として映すことの出来る彩色でもあるのです。そして、紬織でありながらも、特有の色艶を帯適わせひとつで、貴装を想わせる着物としてお使い頂くことも出来るのです。
これは紬織でありながらも、幅広いTPOに対応できる着物と捉えられるための計らいを制作者が想定して手掛けているのです。

芝崎重一/圭一 染織作品。本当に素晴らしい色艶と質感の手織紬です。


*芝崎圭一氏は、芝崎重一氏の後継者(ご子息)です。
現在、お二人にて制作管理がなされています。

背景
背景
座繰糸の草木染め紬織座繰糸の草木染め紬織座繰糸の草木染め紬織ログウッド染め 紬織
座繰糸の草木染め紬織座繰糸の草木染め紬織座繰糸の草木染め紬織座繰糸の草木染め紬織ログウッド染め 紬織
商品番号 tbza_10004
草木染め紬織物:芝崎重一/圭一
価格 \300000(税別)
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
御仕立てをご希望される場合は、ご注文の際に"お仕立て希望"とお申し付け下さい。御仕立代・寸法・八掛地のお色目・納期などにのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
天然草木染めによる染色が施されているため、極希に摩擦などで色移りをする可能性がないわけではありません。この点に付いて、予めご理解下さいます様、御願い致します。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文をお願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
まずは「反物」のみのご注文となります。お仕立をご希望される際は、ご注文の際に、「袷」or「単衣」、"お仕立ご希望"とお書き添え下さい。
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
展示会期間中は営業致しております
お問い合せはお電話でも承ります