芝崎圭一 制作:草木染め手織紬:無地織/槐(えんじゅ)

染織工芸織物

芝崎圭一 作
無地織/槐
草木染め手織紬

芝崎圭一 無地織紬 槐

芝崎圭一.制作
草木染め手織紬
無地織:槐(えんじゅ)

 

こちらに掲載をさせて頂いた紬織は、槐(えんじゅ)なる植物より抽出された草木染料にて糸染めをされた手織紬。槐(えんじゅ)は、古来より"黄"を染め出す際に用いられた植物です。
この"黄"ですが、とても綺麗な色の表情を保っています。生まれながらにして"綺麗"と言う表現があれば、この"黄"は、そうした表現に近い印象を感じさせます。
植物染料染めは、時に再現性のない染色となります。植物が切り出された季節、染め出す時季と水によってその"色"に違いが出るのです。また、抽出された染料だけではなくて、染められる"対象"の素材によっても、その発色に違いが出るのです。つまり、"色"が生み出される..、"色"が生まれる環境と染められる素材によって、"色"の表情に違いが生じるのです。「同じ色は望むべきではない」のかもしれません。
"植物染め"と"黄"を想ってみると..、"黄色"の"花"を咲かす植物..、花は少なくはありません。"菜の花""菊""蒲公英""山吹""女郎花"..、どの花の色を想い浮かべても、その色は、それぞれが"表情"や"印象"を持って甦ってくるのです。"菜の花畑"を眼にした時のことを想えば、その"色"の"表情"やら"印象"などという表現が伝わりやすいかもしれません。人為的につくられた"黄色"ではない、自然から生まれた"黄"の色なのです。

こちらに掲載をさせて頂いた槐(えんじゅ)で糸染めをされた紬織ですが..、野に咲き乱れる"黄"の花園の如き印象を伝えています。こうした色は、手掛けた"ひと"の強い意識があって着物の色となるようです。この紬織の制作者は、着物となる絹糸そのものとその絹糸を染める植物染めに対して強い意識をもっています。「着物として着られるべきもの」として絹糸(座繰糸)を制作し、どんな着物よりも美しい着物をつくるべく植物を原料とした糸染めに徹しているのです。

座繰糸を使い平織にて織られた紬織は、無撚糸である真綿糸で織られた紬織と比べると平面的な印象となるのが一般的です。しかし、この制作者の紬織は、平面的ではないのです。真綿糸や玉糸のような不均一性の高い糸だけで織られた素朴的な印象ある紬織と比べて、着心地や扱いの良さが求められたこの紬織物とは、素材感そのものに違いがあるのです。柔らかく、軽く
、粘りある..、素材感。無骨ではなく、端正なのかもしれません。しかし、何もかも整っているのではないのです。"ひと=職人"が選び、誂えた絹糸から織られた"端正"な織物なのです。ですから、素朴でもなく、平面的でもないのです。

この紬織..、芝崎氏が制作する紬織には、座繰糸特有の光沢が、草木の色の中に、感じられます。嫌な光沢ではありません。紬織でありながら、"感じの良い自然の響き"のような光沢です。この槐(えんじゅ)の紬織ですが、まるで"花"の色そのものを着ているような印象となるかもしれません。特有の光沢もまた、この"黄"の印象と溶け合いながら、"品位"のような印象を想わせてくれます。

 

植物染めの手織紬..、数多くある訳ではありませんが、珍しい織物ではありません。
でも、こうした植物の色を、織物の表情として想わせてくれる紬織は、絶対的に少ないのです。
絹糸と草木の色相が絶対的に優れているため、無地織にも関わらず、お召しになる方の趣向次第で、様々な着物あわせを愉しむことが出来ます。

 

芝崎圭一氏は、芝崎重一氏の後継者(ご子息)です。
現在、お二人にて制作管理がなされています。

  • _0123
  • +0123
  • 0123
  • +520
  • _520
  • 520
  • _0123 サムネイル
  • +0123 サムネイル
  • 0123 サムネイル
  • +520 サムネイル
  • _520 サムネイル
  • 520 サムネイル

 

 

 着物と帯のあわせ..
下段画像では、琉球本紅型(制作:城間栄順)とあわせました。
藍色の彩色との色彩コントラストがとても綺麗な着物あわせとなりました。
最下段画像では、首里道屯織(制作:祝嶺恭子)とあわせてみました。
多彩色の帯でありながらも、色の個性を感じさせることなく、むしろ柔らかな色彩美が伝わってくる着物あわせとなりました。

  • xyz_03
  • xyz_02
  • xyz_01
  • xyz_00
  • xyz_03 サムネイル
  • xyz_02 サムネイル
  • xyz_01 サムネイル
  • xyz_00 サムネイル

 

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
お仕立代込みの価格表示となっておりますが、反物だけのご注文をも承ります(湯のし加工、八掛染めまでのご注文をも承ります)。
下段のお問合せフォームよりお問合せ下さい。
お誂え寸法などに付きましては、ご注文後に弊店より送信させて頂く「ご注文確認メール」にて詳細のご案内をさせて頂いております。
お着物のお仕立てについてはこちらのPageでご案内させて頂いています。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

電話:(052)262-5638 
受付時間 10;00-18;30

なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。
商品番号 ktg_79417
商品名 芝崎圭一 作
無地織/槐
草木染め手織紬
1尺以内(約38cm)
総丈 3丈3尺程
素材 絹100%
経糸:座繰糸(手引)
緯糸:座繰糸(手引)
手織
使用草木 槐(えんじゅ)
価格 366,000円(税別)
袷.お仕立代込み
ご連絡 お仕立寸法・八掛地のお色目・納期などのご案内は、ご注文後、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
お仕立て前のお品確認

掲載のお品についての問い合わせが必要の際は、下段よりご連絡下さい。