洛風林:袋帯/正倉院襷文

西陣織帯地

洛風林 制作
正倉院襷文
袋帯

洛風林:正倉院襷文

洛風林制作:袋帯
正倉院襷文
 

この袋帯には、正倉院に伝わる絹織物..、「錦几褥(にしきのつくえのじょく)」との銘が付けられた敷布の文様の一部から写された文様が織り出されています。
オリジナルの文様は、およそ1200年前に図案化された文様となる筈です。
また、その絹織物は、おそらく日本でつくられた織物ではなくて、大陸より渡来した織物、そして、その当時最高品質の織物であったため、宝物として正倉院に納められたのだと思います。
つまり、この文様は、1200年前に、最先端のデザイン性を備えた文様とも捉えることが出来ると思います。

この文様は、そもそも"花"がデザイン化された文様なのかもしれませんが、デザイン化されたこの文様は、もはや"花"ではなく、巧妙なデザインとしての存在感を漂わせている様に映ります。
1200年前のデザインとして、古臭いと言う印象は伝わっては来ません。
程々にシンプルな印象があって、このデザインの趣向が伝わってくる予感を憶えます。
そもそも敷布の一部に使われている文様のためでしょうか、緊張感ある格調よりも、装飾的で、豊かなデザイン性が感じられます。

"古典的文様デザイン"と言う印象がなく、"現代のデザイン"としても観ることが出来ると思います。天平時代にこうした"文様デザイン"が完成されていたことを鑑みると、遙か古の図案師の美意識と感性の高さに驚嘆を憶えます。

この西陣織/袋帯は、礼を意識したお着物に格調を高めると言うよりも、むしろ着物に装飾的な感覚を香らせてくれると思います。
もちろん、この高貴な装飾性は、品位と優美さを忘れてはいません。
この袋帯は、着物に、品位を伴った感性豊かな趣を演出してくれます。

この西陣織袋帯は、帯地工芸洛風林が制作した作品です。
先にご紹介を致しました「正倉院宝物:錦几褥」より文様を写し、洛風林独自の彩色で織り上げられています。
そもそも、正倉院に伝わる宝物に施されている文様は、不思議なくらい着物に馴染むことが多いのですが、この袋帯は、洛風林の美的感覚を想わせる彩色の美しさを楽しむ事が出来ます。

  • nkf_61001abc
  • nkf_61001_520
  • nkf_61001+0123
  • nkf_61001+abc
  • nkf_610010123
  • nkf_61001_0123
  • nkf_61001abc サムネイル
  • nkf_61001_520 サムネイル
  • nkf_61001+0123 サムネイル
  • nkf_61001+abc サムネイル
  • nkf_610010123 サムネイル
  • nkf_61001_0123 サムネイル

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
お誂え頂く帯地は袋帯の為、原則、お仕立寸法はございませんが、帯丈のご指定、ご相談がございましたら、ご用命の際に、必ずお知らせ下さいます様、お願い致します。
帯芯に硬さにつきましては、お品の素材を勘案して理想的な硬さの帯芯を提案致します。
帯芯の硬さにご希望がございましたら、お申し付け下さいませ。
帯のお仕立てに要する期間は、仕立屋に渡す日から起算して約10日をご予定下さい。
お急ぎの場合はお申し付け下さい。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。
なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。

 

商品番号 nkf_61001
商品名 洛風林 制作
正倉院襷文
袋帯
長さ 1丈1尺5寸程
素材 正絹100%
価格 350,000円(税別)
お仕立代込み
ご連絡 お仕立て寸法・納期などにのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
お仕立て前のお品確認

掲載のお品についての問い合わせが必要の際は、下段よりご連絡下さい。