洛風林:九寸名古屋帯/太子間道

西陣織帯地

洛風林 制作
太子間道
九寸名古屋帯

洛風林制作: 九寸名古屋帯
太子間道

 

白印象をベースに太子間道の文様が織り出された西陣織九寸名古屋帯です。
これまで受け継がれて来た太子間道と想い比べると、ちょっした違和感みたいなものを感じるかもしれません。

そもそも、『太子間道』と銘を付けられた織物は、法隆寺伝来の赤地の経絣織物で、日本に遺る絣織物としては最古の絣織物とされています。この絣織物は、室町時代以降の文人に愛好された事で、この『太子間道』を写した経絣の錦織が制作され、のちに名物裂と呼ばれる織物のひとつに挙げられる様になりました。
(法隆寺、あるいは東大寺伝来の織物である上代裂と、鎌倉時代以降の織物である名物裂とは、本来は別の織物として捉えられています)

『太子間道』は、日本の文化に装飾品としての織物が使われて始めた時代から伝承され、かつ、愛好され続けて来た織物なのだと思います。
そして、それぞれの時代にそれぞれの太子間道があるのは、そこに愛好者、あるいは制作者の美意識が込められているからなのではないかと思います。
そして、遺されて来た太子間道は、どんな彩色、かたちであれ、どれも「古さ」を想わせることはありません。

こちらに掲載をさせて頂いている太子間道は、「帯地工芸洛風林」が制作した太子間道です。
白色地に、ブルー系、ブロンズ系の彩色が走るが如く織り出されています。もしかすると、名物裂として捉えられている太子間道とはイメージが重ならないかも知れません。けれども、太子間道として受け入れられるのは、制作者が『太子間道』をただ写すのではなくて、自身の美意識をもって制作に臨んでいるからなのかもしれません。この太子間道には、見慣れた感じはないけれども、衒いなどは感じられません。「かたち」を写すのではなくて、「美しさ」を写し取ろうとしたのかもしれません。
だから、直感的な美しさが伝わって来るのだと思います。

法隆寺伝来の『太子間道』を写すことで制作された太子間道です。
伝統的な織物でありながら、独創的な空気に包まれています。そして、それは、感情に馴染んで行くような品位を伴った美しさが香り、『太子間道』と言う響きに似つかわしい、都を想わせる艶やかで空気感なのです。

無地系織のお着物、余所行き小紋、江戸小紋、軽い付下などをあわせてお使い頂けます。

制作:洛風林

  • nwk60913a678
  • nwk60913a456
  • nwk60913a234
  • nwk60913a123
  • nwk60913a567
  • nwk60913a345
  • nwk60913a0123
  • nwk60913a678 サムネイル
  • nwk60913a456 サムネイル
  • nwk60913a234 サムネイル
  • nwk60913a123 サムネイル
  • nwk60913a567 サムネイル
  • nwk60913a345 サムネイル
  • nwk60913a0123 サムネイル

 

着物と帯のあわせ..
京染め小紋のお着物とあわせてみました。
京小紋特有の柔らかで、上品な雰囲気に綺麗に馴染んだ着物と帯のあわせになりました。
凜とした雰囲気の飛び小紋とあわせてみました。
古典的な柄模様でありながらも、余所行きで、現代的な装い感覚が感じられます。
市松綾織/絹織物着尺(制作:浅倉広美)とあわせました。
市松綾織の造形的なイメージがデザイン性を想わせる着物と帯のあわせとなりました。

  • nwk60913a905
  • nwk60913a903
  • nwk60913a901
  • nwk60913900
  • nwk60913902
  • nwk60913a890
  • nwk60913a905 サムネイル
  • nwk60913a903 サムネイル
  • nwk60913a901 サムネイル
  • nwk60913900 サムネイル
  • nwk60913902 サムネイル
  • nwk60913a890 サムネイル

 

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
名古屋帯のお仕立てには、以下のお仕立方法がございます。ご注文の際にご指定下さい。

  • 名古屋帯仕立て
  • 松葉仕立て
  • 開き仕立て
  • 開き仕立て(お染仕立て)

帯のお仕立てについてはこちらのPageでご案内させて頂いています。

特に、ご指定のない場合は、名古屋帯仕立てとさせて頂きます。
お分かりにならない場合は、ご注文の際に「相談」をお選び下さいませ。
後ほど、詳細なご案内をさせて頂きます。
帯芯に硬さにつきましては、お品の素材を勘案して理想的な硬さの帯芯を提案致します。
帯芯の硬さにご希望がございましたら、お申し付け下さいませ。
帯のお仕立てに要する期間は、仕立屋に渡す日から起算して約10日をご予定下さい。
(「お染仕立て」の場合は20日以上をご予定下さい)
お急ぎの場合はお申し付け下さい。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。
なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。

 

商品番号 nwk_60913
商品名 洛風林 制作
太子間道
九寸名古屋帯
9尺7寸保証(約4m以内/お仕立て上がり)
素材 絹織物
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい。
掲載のお品についての問い合わせが必要の際は、下段よりご連絡下さい。