大城廣四郎織物:琉球生紬 草木染め白絣

琉球染織

大城廣四郎織物
草木染め手織紬
生紬 琉球織物/単衣

大城廣四郎織物 琉球生紬絣織

琉球草木染め手織紬
生紬 絣織

 

他にはあまり感じられない<白さ>を伝える織物です。
白い印象の織物を想ってみると、それは珍しいものではないかもしれません。
大島紬にも、本場結城紬にも<白い印象>のものはある。けれども、こちらに掲載をさせて頂いている織物は、白いだけではなくて<この白さ>の中に特有の涼感みたいなものをしっかり伝えているんです。
そもそも、<白>に対する印象には寒色的な雰囲気があるのですが、涼感というものまでは、なかなか伝えない。織物について涼感は"織の素材"から伝わってくるものです。
この織物..、確かに、織糸として生絹が使われているために、素材感として、特徴的な質感..、涼感を伝える素材でもあります。しかし、この<白さ>そのものにも、涼感がしっかり載っているところに、他にはあまりみられない、この織物の<白さ>の魅力みたいなものがあるんです。
沖縄..、琉球染織と聞くと"その訳"も何となく解けてくるのかもしれません。
生絹と言っても..、完全に練っていない訳ではないようですが、灰汁炊きされ、精錬された加減巧く、特有の質感をつくっている。
この織物の色なんですが、実は本当は<白>そのもののではない..、白大島や塩沢の白とはまるで違う。また、"きなり"と言うほどの色でもない。
この色なんですが、実は、この織糸そのものの色なんです。
つまり、絹の織糸がつくる質感を眼にして、この<白>から涼感を憶えるんです。
麻織物で言うところの「白絣」..、糸染めされていない織糸で麻の質感に涼感を憶えると言うことに似ているかも知れません。
この生紬の織物の<白>..、<白>と言うかその織肌の質感は、何となく、琉球の砂浜を想わせるような感じの様な気がするんですね。
南国の日差しとそれに反射する浜の質感/色..、こうした印象を、この織物は、実に巧く伝えているのです。
作為的と言う訳ではなく、きっと昔からの染色手法を、ほぼそのまま継承しているだけなんだと思います。特に、目新しい何かを狙ったり、図ったりしている、とか、されている織物ではないので..、それだけ純朴そのものであるがために、織物の生まれとか育ちと言った歴史とか経歴が、織物そのものに漂っているんだと思います。
紛れもない沖縄の織物であるからこそ..、この織物の<白>なる質感に沖縄の原風景が重なるのかもしれません。
また、この特有の涼感は、この沖縄の風土の匂いから生じているのかもしれません。

さて、もうひとつ...、大きな絣文様が眼に留まるはずです。
まるで、鳥の羽根のような単彩の絣文様..、<白い浜>の中で、踊るように織り込まれた絣文様も、他の絹織物では見掛けることはありません。
もしかしたら、絣文様としては、少々大きいのかも知れませんが、何故か、妙に大きさが感じられないんですね。大きさを感じられないのは、単彩で、単調な絣だからでしょうか?
この絣なんですが、この織物を"飾っている"ようにはみえない..、大きさを感じないのは"飾っている"感じがないからなのでしょうか?
もちろん、絣は、織物の装飾に相当するものなんですが..。
ただ、ここに織り込まれた絣文様は、飾られている感じがまるでない..、<白>に対する茶色系の絣文様は、「当然あるべき様」の様に馴染んでいるんです。そして、鳥の羽根の如き絣文様..、「蘇鉄の葉」を図案化した伝統的な琉球染織の絣文様は、生絹がつくる織物の<白>の中で、やはり、南国の印象を伝えているんです。
蘇鉄は沖縄諸島に自生する亜熱帯系の植物..、絣文様も、複雑な型ではなく、経と緯が同じ調子で組み合わせることでつくられた至ってシンプルなる構造の絣です。
文様というよりも、まるで、記号のようにも感じられます。その記号のような絣文様が、やはり、単調、且つ、単純に、配されている。
特に整然としている、やけにきちんとしている訳ではない..、けれども、何となく、リズム感みたいなものを伝えているようにみえてくるし、想えてくるんですね。もちろん、そのリズム感みたいなものは、沖縄特有の空気を匂わせたもの..、そして、そんなことに想いを奪われてしまうから、妙に絣の大きさが気にならない。
<白い織>の中に意図的に、この絣を織り込むこと..、リズム感を想い伝えることで、沖縄の空気を想わせ、そして、涼感を導いているのかもしれません。

ただ、純粋的な沖縄の織物なんですが..、民芸臭くないし、古くささもない。
<白>と言う色に対して大きく、かつ、単彩の文様であるから..、彩色もデザインも単純であり、明瞭な感じであるためなのか、妙な絣織物感覚もないし、野暮さもない。あまりに、単純的な感じで、絣の着物っぽくないのかもしれません。
視点を移して想ってみると、ちょっと"デザイン"的に前衛的かもしれませんね。

この織物は、生紬素材として織られた紬織物..、絣は、カテキュー//草木染料で染められています。麻織物で言うなら、白絣的な印象を伝える織物です。
お単衣の季節のお出掛けのお着物としてお楽しみ下さい。
特有の涼感を伝える絣織のお単衣.紬織物です。

  • srtkj_38047+def
  • srtkj_380470123
  • srtkj_38047+0123
  • srtkj_38047abc
  • srtkj_38047+abc
  • srtkj_38047+520
  • srtkj_38047_520
  • srtkj_38047520
  • srtkj_38047_abc
  • srtkj_38047_0123
  • srtkj_38047+def サムネイル
  • srtkj_380470123 サムネイル
  • srtkj_38047+0123 サムネイル
  • srtkj_38047abc サムネイル
  • srtkj_38047+abc サムネイル
  • srtkj_38047+520 サムネイル
  • srtkj_38047_520 サムネイル
  • srtkj_38047520 サムネイル
  • srtkj_38047_abc サムネイル
  • srtkj_38047_0123 サムネイル

 

 

着物と帯のあわせ..

インドネシアで染められたジャワ更紗染め帯とあわせました。

"藍濃淡"琉球本紅型九寸名古屋帯(玉那覇有公×牛首紬)とあわせてみました。

  • srtkj_38047opq_00
  • srtkj_38047opq
  • srtkj_38047xyz_01
  • srtkj_38047xyz_02
  • srtkj_38047opq_00 サムネイル
  • srtkj_38047opq サムネイル
  • srtkj_38047xyz_01 サムネイル
  • srtkj_38047xyz_02 サムネイル

 

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
お仕立代込みの価格表示となっておりますが、反物だけのご注文をも承ります(湯のし/湯通し加工までのご注文をも承ります)。
下段のお問合せフォームよりお問合せ下さい。
お誂え寸法などに付きましては、ご注文後に弊店より送信させて頂く「ご注文確認メール」にて詳細のご案内をさせて頂いております。
お着物のお仕立てについてはこちらのPageでご案内させて頂いています。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。
(052)262-5638
受付時間 10;00-18;30
なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。
商品番号 srtkj_38047
商品名 大城廣四郎織物
草木染め手織紬
生紬 琉球織物/単衣
1尺以内(約38cm)
総丈 3丈3尺程
主染料 カテキュー
素材 生紬
価格 344,000円(税別)
お仕立代込み
ご連絡 お仕立には地入れ/絹衿裏/絹居敷当を含みます。
お仕立寸法・納期などのご案内は、ご注文後、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
お仕立て前のお品確認

掲載のお品についての問い合わせが必要の際は、下段よりご連絡下さい。