黒
12月帯地作品展のお知らせをご案内中です。
12月7日木曜日~11日月曜日
(日曜日はお休み頂きます)
背景無地
背景無地

着物と帯 最新掲載品のご案内

草木染め手織真綿双紬 梅とばら染め ~2017年11月17日update

草木染め手織紬

薄色の中にかすかな縞織が施されているだけの景色です。けれども、無個性という印象はありません。また、制作に関わる作為が感じられないけれど何かの気配が感じられます。この気配はとてもナチュラルな香りに満ちていて、柔らかさと温もりに包まれている様に感じられる。この織物は草木染め真綿紬。自然の恵みから得られた素材だけで織り上げられた織物です。無機質的なデザイン性に生命感が与えられ、"無"のイメージに"気配"と言う奥行きが生み出されています。

西陣織九寸名古屋帯 "ロマネスク段文" 制作:洛風林 ~2017年11月13日update

洛風林

ロマネスク段文との銘がつけられています。ロマネスクとは「ローマ風」を語源とした中世ヨーロッパの建築/装飾様式を指します。この作品には、白とシアン系ブルーの彩色、そして、たったひとつの文様だけでデザイン構成がなされています。このデザインはシンプルな様でありながらも極めて奥深い美意識に満ちています。時間と光の移ろいによって色彩と文様が浮かび上がり、沈み込むの移り変わりは、ロマネスク様式の建築装飾を想わせる美しさに繋がるかのようです。西陣織のデザイン感性を超えた作品性が感じられます。

生紬染め帯 "更紗" ~2017年11月11日update

更紗

まるで"単彩"にほど近い彩色印象で染められた更紗の帯です。派手さもなく、大胆な感じもない...、けれども、"奥深い"印象が、しっかり伝わってくる。図案も良いし、染めも良い。だから、古より渡来した更紗を写したものであっても、本物的な存在感がある。程々の個性があり、感じの良い趣がある。帯としては、ちょっとした"趣味加減"みたいなものを表現してくれると思います。

手描き友禅染め帯"黒絵菊唐草文" 染色家.四ツ井健.染色作品 ~2017年11月07日update

四ツ井健

古典を想わせると言う程ではありません。けれども、古い記憶を想わせる空気感があります。そして、それだけはなくて、現代的な知性と感性が美しい程に整い揃っている感じがします。洗練されているけれど、目新しを求められている訳でない。衒いがないんですね。図案化されデザインされ尽くされているにも関わらず、眼にしていると、ごく自然に、馴染んでくる空気感があります。この"柄模様"にも、"彩色"にも、この染色家の美意識が予感される。
染色家.四ッ井健:染色作品。

名古屋呉服屋マルトヤの店舗画像
創作着物と帯の専門店マルトヤは、名古屋に店舗を構える染織工芸のきもの専門店です。
所詮は"専門店"ですから、汎用な品揃えではなく、誰にでも好まれる"きもの""帯"でもありません。
弊店にて御覧頂ける"着物"は、作者(職人や染織家)の創意や技能、そして誇りが込められた染織作品と自負を致しています。
末永く愛することの出来る"着物"であるためには、心より想いを寄せることが出来るものであるべきかと思います。
少々個性なるものを保った作品かもしれませんが、お楽しみを頂ければと存じます。
創作着物と帯の専門店マルトヤ 名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:052-262-5638/FAX:052-241-2369
営業時間 AM 10;00~PM 6;30
定休日:日曜日/祭日
但し、ご予約を頂いたお客様に限り、日曜日/祭日のご来店を承っています。
日曜日/祭日ご来店に付いてのご案内はこちらです。