黒
*連休の特別休業のお知らせ
4月29日土曜日から5月7日月曜日までお休みを頂きます。
但し、ご予約による連休中のご来店は承ります。
背景無地 <竺仙ゆかたPage>アップロードしました。
背景無地

着物と帯 最新掲載品のご案内

絽小紋 "ほたる暈かし" ~2017年04月26日update

絽小紋のお着物

上質の絹布(絽)にほたる暈かしを施した小紋です。
地色は少々余所行き感覚のある薄紫系色。夏素材である絽(薄物)と質感と相俟って、"ほたる暈かし"の柄模様とこの地色が、光の加減によって、滲むかの様な質感を伝えてくれます。小紋でありながらも小紋以上のちょっとした礼装の意識を感じさせるお着物としてお楽しみを頂けます。

八重山上布 "白上布:紅露" 制作.中村澄子~2017年04月25日update

八重山上布

こちらに掲載をさせて頂いた八重山上布は、およそ100年以上前、貢納布時代に"白上布"と称されていた苧麻織物の"姿"を、ほぼそのまま保っています。川平湾で"海晒し"をされたこの織物は、真っ白に漂白され、紅露で染められた絣はくっきりと浮かび上がっています。白と単調な絣であるにも関わらず、眼に映る以上の色彩の気配が伝わって来るのです。これは、自然素材と織人の手仕事だけで数百年伝承された仕事の証なのです。南国涼感を伝えてくれるお着物です。

宮古上布九寸名古屋帯 新里玲子.染織作品~2017年04月22日update

宮古上布

染織家新里玲子氏が手掛けた宮古上布からは、自然素材が本来的に保っている美しさを感じることが出来る予感がある。植物である苧麻とそれを染色する草木染料。自然が保つ調和のようなものに従い、"素材"から"もの"に形を変えて行く術を知っているのだと思う。そして、この作品から"宮古島"の自然を想うことも出来る。宮古島の自然素材を用いて、宮古島の自然感を表現している..、それが、この制作者の美意識なのかもしれない。

菊池洋守 八丈織:市松綾織 ~2017年04月20日update

八丈織

とても綺麗で美しい綾織の織物です。無地織印象があるかもしれませんが、眼に映していると特有の存在感が伝わって来る。無地織とは、まるで無縁の存在感。色艶は、光の加減で移り変わり、色ではなくて色の気配を演出している。この柔らかく、小さく煌めく様な綾織と相俟って、比類ない質感覚をつくり出しているのです。菊池洋守の美的感性が込められた染織作品です。

名古屋呉服屋マルトヤの店舗画像
創作着物と帯の専門店マルトヤは、名古屋に店舗を構える染織工芸のきもの専門店です。
所詮は"専門店"ですから、汎用な品揃えではなく、誰にでも好まれる"きもの""帯"でもありません。
弊店にて御覧頂ける"着物"は、作者(職人や染織家)の創意や技能、そして誇りが込められた染織作品と自負を致しています。
末永く愛することの出来る"着物"であるためには、心より想いを寄せることが出来るものであるべきかと思います。
少々個性なるものを保った作品かもしれませんが、お楽しみを頂ければと存じます。
創作着物と帯の専門店マルトヤ 名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:052-262-5638/FAX:052-241-2369
営業時間 AM 10;00~PM 6;30
定休日:日曜日/祭日
但し、ご予約を頂いたお客様に限り、日曜日/祭日のご来店を承っています。
日曜日/祭日ご来店に付いてのご案内はこちらです。