黒
背景無地
背景無地

着物と帯 最新掲載品のご案内

生絹.九寸名古屋帯 夏季と単衣 浅倉広美.染織作品~2016年06月24日update

生絹 名古屋帯

単衣と夏季を予定した生絹で織られた九寸名古屋帯です。生絹特有の透ける感じの質感、色彩、施された浮織が、美しく調和を保っている。そして、何よりも"この色彩感覚"は、まるで、光の中で輝いているかの様な印象を伝えています。 "光り輝く夏の彩り"が、この作品のテーマとなっているのです。色彩感性は、女流染織家ならではセンスを想わせ、作品の精巧さは制作者の秀逸な染織技巧から生み出されています。彩り美しく、綺麗な生絹の織物作品です。

薄絹.型絵染め九寸名古屋帯 澤田麻衣子.染色作品 ~2016年06月14日update

型絵染め

薄絹に"青""ブルー系"の濃淡だけで染められた型絵染めは、涼感を伝え、柔らかな絵画的な印象を伝えてくれるかと思います。"型絵染め"作品に、ありがちな民芸的な空気は感じられません。それはこの制作者が、かつて、京紅型の工房で型絵染色に従事していたからなのかも知れません。花が舞い踊っているかの様な型絵は、確かに、南国印象とまで行かないけれども、琉球紅型から遠い印象がない様に想われます。

琉球本紅型.九寸名古屋帯 <サバニ> 城間栄順.染色作品~2016年06月08日update

城間栄順 紅型帯地

"サバニ"は沖縄特有の小さな漁船です。"櫂"と"帆"と言う人力と風力だけ海原を渡り、漁をする舟なのです。城間栄順は、琉球本紅型の宗家の直系にあたる染色家です。沖縄の自然や風俗を沖縄特有の染色である紅型を通じて伝えるかの様な作品を制作されています。"サバニ"には、その小さな舟と波と貝が染め描かれ"ひと"の気配はありません。しかし、この作品からは、南国の海原と穏やかな"ひと"の空気が伝わってくる様なんですね。 真っ白な生地と南国を想わせるの藍色が、特有のコントラストを生み出しています。

夏久米島 無地織:琉球椎 ~2016年06月07日update

夏久米島

一見すると「薄ベージュ色の無地織紬」なんですが、何となく眼に映る以上の雰囲気を備えています。真綿糸の代わりに撚糸を使い織られた本場久米島紬..、夏久米島です。色加減としては"希薄な色"でありながらも、存在感のある"色の気配"を伝えているのは、天然草木の生命力が宿っているからなのかもしれません。この薄ベージュ色は琉球椎..、何もかも古来より久米島に伝わる染織技法にて織られています。撚糸を巧みに使い薄絹織として織り上げられています。お単衣から夏季に掛けてお楽しみを頂けるお着物となるかと思います。

着物と帯のネットショップ

着物

手描き友禅

  • 染めの着物と付下と訪問着
  • 染めの着物と小紋
  • 江戸小紋
  • 染めの着物 別誂えの色無地
  • 紬織の着物
  • 本場結城紬
  • 染織工芸の着物 草木染め紬
  • 長襦袢
  • 夏もの 単衣の着物
  • 竺仙
  • 有松藍絞り
帯

西陣織

  • 染め九寸名古屋帯 染め帯
  • 西陣織 帯地
  • 紬織 帯地
  • 染織工芸帯地
  • 半巾帯 四寸帯地
  • 夏物 単衣 帯地
和装小物と草履 琉球染織

沖縄の着物と帯 紅型 琉球織物

創作御草履と工芸下駄

手組の帯締 京都竹籠職人の竹籠細工

名古屋呉服屋マルトヤの店舗画像
創作着物と帯の専門店マルトヤは、名古屋に店舗を構える染織工芸のきもの専門店です。
所詮は"専門店"ですから、汎用な品揃えではなく、誰にでも好まれる"きもの""帯"でもありません。
弊店にて御覧頂ける"着物"は、作者(職人や染織家)の創意や技能、そして誇りが込められた染織作品と自負を致しています。
末永く愛することの出来る"着物"であるためには、心より想いを寄せることが出来るものであるべきかと思います。
少々個性なるものを保った作品かもしれませんが、お楽しみを頂ければと存じます。
創作着物と帯の専門店マルトヤ 名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:052-262-5638/FAX:052-241-2369
営業時間 AM 10;00~PM 6;30
定休日:日曜日/祭日
但し、ご予約を頂いたお客様に限り、日曜日/祭日のご来店を承っています。
日曜日/祭日ご来店に付いてのご案内はこちらです。