竺仙のゆかた

江戸末期天保13年(1842年)に創業した「竺仙」は伝統的な染色手法で”江戸のゆかた”を伝承している日本橋老舗。老舗の”ゆかた”でありながらも、竺仙には何時も”斬新な趣”みたいな空気が感じられます。それは、竺仙が、創業以来、「江戸の粋」を”ゆかた”の中に表現してきたからなのかもしれません。こちらでは竺仙が染めた綿紅梅、奥州小紋、絹紅梅、長板中形、本藍染め中形を掲載しています。