本場結城紬:地機.格子織九寸名古屋帯

染織工芸帯地

重要無形文化財
本場結城紬九寸名古屋帯

本場結城紬 九寸名古屋帯

本場結城紬 地機
格子織 九寸名古屋帯

 

本場結城紬は、繭から真綿をつくり、その真綿より引き出しただけの糸..、真綿糸を使い織り上げられています。
職人の指先で引き出されたの真綿糸は、細く々々引き出されただけで、撚り合わせさえもされていない。そんな織糸だけが使われているから、本場結城紬は、柔らかくて、軽い..、そして、軽いのは真綿糸に空気を孕みやすいからなんですね。

本場結城紬、特に地機織は、何から何まで、手仕事だけでつくられています。合理化とか、機械化された素材や制作手法はありません。
そのためなのか..、地機の本場結城紬は、手触りや感触からは、"製品"の匂いはありません。
むしろ、オーガニックな空気感が伝わってくるんですね。

本場結城紬には、しばしば、耳にするお話があります..、"三代、着られる"などというお話です。こうしたお話なんですが、それ程、耐久性があるかどうかは別として、実際に<着物として着やすい>とか<"ひと"の身体に馴染みやすいと言うことは間違いはないと思います。
それは、何かもか手仕事でつくられるため、手掛けている"ひと"が、着られるための"配慮"..、「この程度がちょうど良い」と言った加減をしながら手掛けているからだと思います。

"着物として着やすい"筈の地機.本場結城紬で帯地を誂えると言うのは、少々贅沢なお話かもしれません。
ただ、この織物に触れる際の手触りは、他の帯地では得られない感触があるし、織物としての質感がとても良い..、柔らかさが触れるだけではなくて、眼にした感じにも伝わってくるんです。内からと言うか、生地の奥からふっくら感みたいなものが伝わってくる..、この感じは、地機の本場結城紬でなくて伝わらない感じなんです。
こうした感じは、"地機の本場結城紬しかない"と言うよりも、地機の本場結城紬なら当たり前の感じ...、それは、何もかも手仕事だけでつくられているし、"手掛けているひと"が、"着物"として、"帯"として使われる際の"加減"を想いながら仕事をしてくれている。
だから、たとえ帯地となっても、手に馴染み、また織物の帯として他にはない空気感を伝えてくれる訳です。

こちらに紹介をさせて頂いた帯地なんですが、織り込まれた色のすべてが優しく、柔らかな質感の色ばかりです。藤色がとても印象的です。しかし、あざやかでもなくて、派手でもない..、これほど、見た眼に綺麗であると、ちょっと派手な感じを思ってしまうことがあります。でも、まったく派手さ、艶やかさはないんです。これは真綿糸の柔らかさが、色彩を抑え、控えているようなんですね。
その上、格子織となっているにも関わらず、砕けた感じもないし、格子特有の強い印象もない。
格子を構成している縞と縞..、やはり、織物として柔らかい印象を伝えているんです。だから格子でありながら、柔らかさを保ち続けている(縞や格子が柔らかくみえるのは真綿の地機織特有のようです)。
格子の織物に、よくある砕けた感じなどまるでない。柔らかさが、ちょっとした余所行き感を漂わせているようです。

要するに、この織物の色の感じや質感は、地機の本場結城紬だから感じ伝わってくると言う訳です。他の織物では、こうした空気感や存在感は決して出ない。

こうした藤色なんですが、どこかで見掛けたことがあるようで、どこだったのか思い出せない。こうした柔らかな感じも同じです。山や森の中で、時折、眼の中に入ってくる感じに近いかもしれませんが...、そのままではない。"ひと"が手掛けているにも関わらず、人工的な感じがないんですね。オーガニックな空気感がある。
織物の帯地ですから、普段遣い的な帯となるかと思いますが、ちょっと余所行き感を楽しみながらお使い頂けるかと思います。

  • abc
  • efg
  • 0123
  • _abc
  • _520
  • +520
  • +abc
  • _0123
  • abc サムネイル
  • efg サムネイル
  • 0123 サムネイル
  • _abc サムネイル
  • _520 サムネイル
  • +520 サムネイル
  • +abc サムネイル
  • _0123 サムネイル

 

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
名古屋帯のお仕立てには、以下のお仕立方法がございます。ご注文の際にご指定下さい。

  • 名古屋帯仕立て
  • 松葉仕立て
  • 開き仕立て
  • 開き仕立て(お染仕立て)

帯のお仕立てについてはこちらのPageでご案内させて頂いています。

特に、ご指定のない場合は、名古屋帯仕立てとさせて頂きます。
お分かりにならない場合は、ご注文の際に「相談」をお選び下さいませ。
後ほど、詳細なご案内をさせて頂きます。
帯芯に硬さにつきましては、お品の素材を勘案して理想的な硬さの帯芯を提案致します。
帯芯の硬さにご希望がございましたら、お申し付け下さいませ。
帯のお仕立てに要する期間は、仕立屋に渡す日から起算して約10日をご予定下さい。
(「お染仕立て」の場合は20日以上をご予定下さい)
お急ぎの場合はお申し付け下さい。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。
なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。

 

商品番号 kgo_59141
商品名 重要無形文化財
本場結城紬九寸名古屋帯
長さ 9尺7寸保証(約4m以内/お仕立て上がり)
素材 経糸:手引き真綿糸
緯糸:手引き真綿糸
地機/正絹100%
通常価格 270,000円(税別)
特別価格 190,000円(税別)
お仕立代込み
ご連絡 お仕立て寸法・納期などのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
お仕立て前のお品確認
名古屋帯お仕立て方法
追加料金が発生する場合があります。

掲載のお品についての問い合わせが必要の際は、下段よりご連絡下さい。