江戸小紋:鮫

江戸小紋

染め師:石塚幸夫

江戸小紋 鮫

江戸小紋 極鮫 黒
染め師:石塚幸夫

 

江戸小紋の定番柄『鮫』。染められた色は、ほぼ真黒色。この『黒』は、黒の染料を直接使う訳ではなくて、他の色を混ぜる事でつくられた色との事です。それは、たった一色だけで柄模様を表現する江戸小紋、特にこうした細密な江戸小紋にとって、『上質な黒』として映す為の処方のひとつです。

そもそも、江戸小紋は、他の"着物"とは趣向が違います。
江戸小紋以外の着物は、その生地や素材が、色目や柄模様、素材感などで、いつも「飾られ」ていますが、江戸小紋は、特に、古来の"型"にこだわる、徹底した仕事にこだわった江戸小紋には色と精緻さ以外には、「飾られる」ものがありません。単彩で染められ、そして、極めるが如く細かいけれども、無地染めではなくて、あえて、趣向として柄模様の精緻な細密さが求められています。

黒以外の色染料を混ぜることでつくられる『上質な黒』さえも、そうした極められた細密な柄模様を美しく映す為な作意です。

こちらに掲載をさせて頂いた『鮫』は、際立って細密な『鮫』模様が染められています。少し離れて見てみると、何が染められているか分からなくなる程に細密な『鮫』模様です。けれども、決して無地染めとは映らない。眼に映るのは、黒と『鮫』模様がつくる江戸小紋としての「景色」。色の気配、明るさの気配のない黒の細密な柄模様にも関わらず、光の加減で、細密な鮫模様に動きが生まれ、そして、黒に艶やかさが伝わって来るのが感じられます。
それは、江戸時代から伝承される伊勢型紙を用いた「手付け」で染められた江戸小紋ならでは美しさです。

色のない『黒』、そして、飾り気のない細密な『鮫』模様のお着物ですが、こうした江戸小紋しか生まれない気品のある上質感が感じられます。職人の真摯な仕事でつくられた江戸小紋でないと伝えられない存在感のある逸品です。

 

  • eckj_21179123
  • eckj_21179890
  • eckj_21179234
  • eckj_21179345
  • eckj_21179456
  • eckj_21179567
  • eckj_21179900
  • eckj_211790123
  • eckj_21179123 サムネイル
  • eckj_21179890 サムネイル
  • eckj_21179234 サムネイル
  • eckj_21179345 サムネイル
  • eckj_21179456 サムネイル
  • eckj_21179567 サムネイル
  • eckj_21179900 サムネイル
  • eckj_211790123 サムネイル

 

 

江戸小紋 極鮫との帯あわせ
 ・ 斜め絣綾織九寸名古屋帯とあわせてみました。
趣味性ある綾織帯地とあわせることで、無彩色の極鮫江戸小紋に柔らかさが感じられる装いとなりました。

  • eckj_21179678
  • eckj_21179789
  • eckj_21179678 サムネイル
  • eckj_21179789 サムネイル

 

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
お仕立代込みの価格表示となっておりますが、反物だけのご注文をも承ります(湯のし加工、八掛染めまでのご注文をも承ります)。
下段のお問合せフォームよりお問合せ下さい。
お誂え寸法などに付きましては、ご注文後に弊店より送信させて頂く「ご注文確認メール」にて詳細のご案内をさせて頂いております。
お着物のお仕立てについてはこちらのPageでご案内させて頂いています。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

(052)262-5638
受付時間 10;00-18;30

なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。
商品番号 eckj_21179
商品名 染め師:石塚幸夫
1尺以上(約38cm)
SOLD(販売終了)