小島秀子 制作:九寸名古屋帯『碧』

染織工芸帯地

小島秀子 作
九寸名古屋帯

小島秀子『碧』

小島秀子 制作:九寸名古屋帯『碧』

 

こちらは、染織家 小島秀子さんの作品(九寸名古屋帯)。
作品名に使われている『碧』の漢字由来は、「宝石=玉」「輝き=白」「石」から構成されて、「美しく青い石」を意味するそうです。

この作品に織り出された「碧玉」は、幾何学的なデザインが、幾つも重ねられているにも関わらず、窮屈さや冷たい感じはなく、柔らかく浮き上がって映ります。絣織と吉野格子が、美しい調和を奏でることで「碧玉」のデザインを演出しているからなのかもしれません。
この『碧』からは、静かな彩りと共に、着物を美しく飾ってくれる予感を憶えます。

=経歴=

1977年
-82年
: 赤坂三幸ギャラリーにて毎年「絣展」開催
1978年 : 女子美術大学工芸専攻卒業
1987年
-88年
: 新人染色展にて2年連続技術賞受賞
1990年 : 国展にて準会員推挙
1996年 : もの工房染織教室を始める
2002年 : 国展にて準会員優作賞
2004年 : 国展にて会員推挙
: アトリエスズキにて個展  weaving works展
2007年 : 銀座東京画廊美術館にて「小島秀子染織展」
2008年 : 日本民芸館展に招待出品
2010年 : 銀座 アトリエ スズキ にて 個展 「 dot'’s weaving 」
2011年 : 京都紬愛荘 イベント スペース sala にて「 HIDEKO KOJIMA 」展
2012年 : 東京都美術館「想いを繋ぐ」展
2013年 : 東京都美術館「想い、巡る」展
2014年 : 女子美術大学同窓会「きものってなあに」にて講演
: 東京都美術館「いろに想う」展
2016年 : 東京都美術館「想いアラタに」展

国画会会員/mono工房主催/mono織物教室主催

小島秀子 制作:九寸名古屋帯『碧』との着物あわせ
草木染め手織真綿紬:士乎路紬織『飛び絣』とあわせてみました。

  • kgo971917_012
  • kgo971917_234
  • kgo971917_456
  • kgo971917_123
  • kgo971917_012 サムネイル
  • kgo971917_234 サムネイル
  • kgo971917_456 サムネイル
  • kgo971917_123 サムネイル
  • kgo971917_900
  • kgo971917_901
  • kgo971917_902
  • kgo971917_900 サムネイル
  • kgo971917_901 サムネイル
  • kgo971917_902 サムネイル

 

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
名古屋帯のお仕立てには、以下のお仕立方法がございます。ご注文の際にご指定下さい。

  • 名古屋帯仕立て
  • 松葉仕立て
  • 開き仕立て
  • 開き仕立て(裏付き)

帯のお仕立てについてはこちらのPageでご案内させて頂いています。

特に、ご指定のない場合は、名古屋帯仕立てとさせて頂きます。
お分かりにならない場合は、ご注文の際に「相談」をお選び下さいませ。
後ほど、詳細なご案内をさせて頂きます。
帯芯に硬さにつきましては、お品の素材を勘案して理想的な硬さの帯芯を提案致します。
帯芯の硬さにご希望がございましたら、お申し付け下さいませ。
帯のお仕立てに要する期間は、仕立屋に渡す日から起算して約10日をご予定下さい。
(「開き仕立て"裏付き"」の場合は20日以上をご予定下さい)
お急ぎの場合はお申し付け下さい。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

(052)262-5638
受付時間 10;00-18;30

なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。

 

商品番号 kgo_971917
商品名 小島秀子 作

九寸名古屋帯
長さ 9尺8寸程(約3.7m/お仕立て上がり)
素材 絹(100%)
吉野格子/経絣+緯絣
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい。
掲載のお品についての問い合わせが必要の際は、下段よりご連絡下さい。