丹波屋:九寸名古屋帯/クリミア飾華文

西陣織帯地

丹波屋
クリミア飾華文
九寸名古屋帯

西陣織九寸名古屋帯
クリミア飾華文(丹波屋)
 

きっと、"花のかたち"をデザイン化した文様だと思います。そして、その文様は、西陣織では、珍しくない"丸文様"に納められています。
こうした"丸文様"が整い揃えられたデザイン構成の帯は、きちんとした、余所行き感のある雰囲気を伝えている様に思います。

こちらに掲載をさせて頂いた帯ですが、西陣織として珍しくないデザイン構成で、きちんとした雰囲気をも伝えているかもしれませんが、この帯特有の存在感が色濃く感じられます。
西陣織のよくあるデザイン構成の中に、制作者特有の個性が違和感なく表現されているのだと思います。
西陣特有の余所行き感覚と制作者のデザイン感性が、バランスを保つことでこの帯の存在感をつくっているのです。

この西陣織の制作手法は、あまり、見掛けることはありません。
帯の"生地"を構成している部分...、白グレイ色の生地全体が、"色ムラ"をおびている様に、あるいは、"白"に、軽い灰色の霞みが掛かっている様に映っています。地紋としては映らない。やっぱり、かすかな色のムラなのか、それとも、軽い霞みとして映る。"白"と言う色彩が、やたらと豊かに感じられてくるのです。
これは、緯糸に紬糸と箔を織り混ぜて織り出しています。
"よくある西陣織"では、こうした手法は、"文様"を織り出す際に使われているだけで、生地を織り出す際には、使われることは殆どありません。
あえてこうした手間の掛かる手法を使っているのは....、"絹ビロード"と言う、やはり、他では見掛けない質感の緯糸で文様を織り出すため様です。
染色された絹ビロードは、真っ平ら感じの絹織の中では、際立ってしまいがちです。だから、生地にも趣向を凝らす訳です。

西陣織では珍しくはない丸文様も、絹ビロードで織り出された"花の丸文様"となると、西陣織としての"趣"というものが全然違って感じられます。

伝統的な"美意識"ではなくて、制作者の"美的な感性"を演出するための"趣"がある様です。

この帯に織り出された文様は、欧州あたりの文様デザインから写されている様です。そもそも、欧州の文様を西陣織で織り出す...、その空気感を伝えるには、こうした作為は必要だったのかもしれません。

"花の丸文様"は、きちんとした雰囲気を伝えるに理想的なデザイン構成で織り出されている訳ですが、この帯から伝わり感じられるのは"よくある西陣織"からはあまり感じられない空気なのです。絹ビロードとその彩色感性が、現代の織物感覚をつくっているのだと思います。

白グレイの生地は、"白"と言う色彩に奥行きを与えている様です。そして、絹ビロードで織り出された文様は、時代や文化を通り越した現代的な染色感性とデザイン性を伝えている様に感じられます。
古典的な意識から離れた制作者の美的な感性が伝わって来ます。
西陣織特有の余所行き感覚と独特の工芸的な感性が綺麗に相俟って感じられる帯です。

 

=対象のお着物=

無地織印象のお着物
御召
色無地のお着物
小紋
等々

 

下段画像の着物と帯あわせは..
しけ引き小紋とあわせてみました。
本場黄八丈(山下芙美子)とあわせてみました。

  • abc
  • +520
  • opq
  • efg
  • 0123
  • +0123
  • hif
  • _0123
  • abc サムネイル
  • +520 サムネイル
  • opq サムネイル
  • efg サムネイル
  • 0123 サムネイル
  • +0123 サムネイル
  • hif サムネイル
  • _0123 サムネイル
 
  • xyz03
  • xyz02
  • xyz2
  • xyz
  • xyz03 サムネイル
  • xyz02 サムネイル
  • xyz2 サムネイル
  • xyz サムネイル

 

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
名古屋帯のお仕立てには、以下のお仕立方法がございます。ご注文の際にご指定下さい。

  • 名古屋帯仕立て
  • 松葉仕立て
  • 開き仕立て
  • 開き仕立て(お染仕立て)

帯のお仕立てについてはこちらのPageでご案内させて頂いています。

特に、ご指定のない場合は、名古屋帯仕立てとさせて頂きます。
お分かりにならない場合は、ご注文の際に「相談」をお選び下さいませ。
後ほど、詳細なご案内をさせて頂きます。
帯芯に硬さにつきましては、お品の素材を勘案して理想的な硬さの帯芯を提案致します。
帯芯の硬さにご希望がございましたら、お申し付け下さいませ。
帯のお仕立てに要する期間は、仕立屋に渡す日から起算して約10日をご予定下さい。
(「お染仕立て」の場合は20日以上をご予定下さい)
お急ぎの場合はお申し付け下さい。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。
なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。

 

商品番号 nwk_60017
商品名 丹波屋
クリミア飾華文
九寸名古屋帯
長さ 9尺7寸保証(約4m以内/お仕立て上がり)
素材 正絹100%
価格 200,000円(税別)
お仕立代込み
ご連絡 お仕立て寸法・納期などにのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
お仕立て前のお品確認
名古屋帯お仕立て方法
追加料金が発生する場合があります。

掲載のお品についての問い合わせが必要の際は、下段よりご連絡下さい。