北村武資 制作:羅八寸名古屋帯/上品羅

染織工芸帯地

北村武資 作
羅八寸名古屋帯
上品羅

北村武資 上品羅

北村武資 制作/羅八寸名古屋帯
=上品羅(白)=

 

こちらに掲載をさせて頂いた織物は、1995年に「羅」、2000年には「経錦」、二部門にて重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された染織家:北村武資氏の作品「上品羅(じょうぼんら)」。
羅の作品においては、この「上品羅」が代表的な作品のひとつです。

そもそも、羅は、隣り合う2本以上の経糸が、相互に捩れ合いながら地と文様を織り出す複雑な構成の織物です。古代中国、また、飛鳥時代に大陸から渡来した織物の中に、この「羅」は遺されて来ました。そして、それらは、羅の織物構造だけで、この上ない美しさが表現された織物だったのです。
北村武資氏が羅の復元を始めたのは、紀元前2世紀の墳墓より出土した精緻な羅の存在と巡り会った為と仄聞しています。

こちらに掲載をさせて頂いた上品羅は、単彩の羅の織物です。
経糸が捩り合い生地を構成すると同時に、紋様が織り出されています。それは、粗い目が構成される籠捩と、細かい目を構成する網捩を、独創的に組み合わせる事で、これまでにない「羅」の完成させているのです。極めて精妙な織物でありながらも、まるで美しい絹の結晶を観ているかのような感銘を憶えます。
装飾的な織物として制作されにも関わらず、むしろ、装飾を極限まで控えることで比類ない美しさが実現されています。美しいほど精巧で、そして、綺麗な織物。芸術的な美的感性をも感じさせてくれる程の存在感をもった織物です。

この上品羅は、白色の絹糸だけで織られた作品です。羅織特有の精緻な捩織がつくる織目に光が透き通る事で、涼感に加えて、白と言う色彩に知性的な気品を生み出しているかの様に感じられます。
盛夏の着物に、涼やかさと同時に、精妙な美しさをもたらしてくれる帯です。

 

 

=経歴=

1935年 京都に生まれる
1951年 京都西陣で製織業に従事する
1959年 従事していた西陣織機屋より独立し、手仕事による創作を志す
1965年 日本伝統工芸染織展で日本工芸会賞受賞
1968年 日本伝統工芸展でNHK会長賞受賞
同年 日本工芸会正会員となる
1972年 「長紗馬王堆(ちょうさまおうたい)漢墓写真速報展」で、古代中国の美しい羅の出土状況の写真を見て触発され、羅の研究に励む
同時期より経錦の研究も始める
1973年 「中華人民共和国出土物展」で羅の実物を見る
この時期には羅の試作が出来上がる
1982年 自身初の個展が開催される
1985年 日本伝統工芸展で保持者賞受賞
1990年 京都府指定無形文化財保持者(羅・紋織)に認定
日本工芸会理事
1994年 日本伝統工芸展で保持者賞受賞
1995年 羅において重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定
1996年 紫綬褒章受章
1999年 イタリア ヴェネチアで開催されたユネスコ主催の「人間国宝制度に関するワークショップ」で、重要無形文化財保持者を代表して発表を行う
中国の長紗へ馬王堆(ちょうさまおうたい)を訪ねる
京都府文化功労者賞受賞
2000年 経錦において重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定
京都府文化功労者の表彰を受ける
2001年 群馬県立近代美術館で「人間国宝北村武資 織の美」を開催
2005年 旭日中綬章受賞:
2006年 日本工芸会総裁桂宮殿下の行幸啓訪問を自宅工房にて受ける
2008年 ユネスコ・アジア文化センターの依頼により、文化遺産保護国際貢献事業「第二回無形文化遺産保護のための集団研修」で森口邦彦氏とともに講演を行う
2011年 「『織』を極める 人間国宝 北村武資」展が京都近代美術館で開催される(東京国立近代美術館に巡回)。
現在に至る

  • skgo98513abc
  • skgo98513_abc
  • skgo98513+hif
  • skgo98513+abc
  • skgo98513+520
  • skgo98513+xyz
  • skgo985130123
  • skgo98513hif
  • skgo98513_0123
  • skgo98513abc サムネイル
  • skgo98513_abc サムネイル
  • skgo98513+hif サムネイル
  • skgo98513+abc サムネイル
  • skgo98513+520 サムネイル
  • skgo98513+xyz サムネイル
  • skgo985130123 サムネイル
  • skgo98513hif サムネイル
  • skgo98513_0123 サムネイル

 

羅八寸名古屋帯(上品羅)との着物あわせ
夏大島(白)とあわせてみました
白絹の織物が涼やかで上品な装い感覚を伝えています
生紬絽織茶屋辻模様のお着物とあわせてみました。
夏季の趣ある装いです。
越後上布(重要無形文化財)とあわせてみました。
趣味性に満ちた着物に、余所行き感が感じられる様になりました。
八重山上布(制作:新垣幸子)とあわせてみました。
夏季の工芸的な美しさに満ちた着物あわせです。

  • skgo98513xyz00
  • skgo98513xyz01
  • skgo98513xyz02
  • skgo98513xyz03
  • skgo98513xyz04
  • skgo98513xyz05
  • skgo98513xyz06
  • skgo98513xyz07
  • skgo98513xyz00 サムネイル
  • skgo98513xyz01 サムネイル
  • skgo98513xyz02 サムネイル
  • skgo98513xyz03 サムネイル
  • skgo98513xyz04 サムネイル
  • skgo98513xyz05 サムネイル
  • skgo98513xyz06 サムネイル
  • skgo98513xyz07 サムネイル

 

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
名古屋帯のお仕立てには、以下のお仕立方法がございます。ご注文の際にご指定下さい。

  • 名古屋帯仕立て
  • 松葉仕立て
  • 開き仕立て
  • 夏かがり仕立て

帯のお仕立てについてはこちらのPageでご案内させて頂いています。

特に、ご指定のない場合は、名古屋帯仕立てとさせて頂きます。
お分かりにならない場合は、ご注文の際に「相談」をお選び下さいませ。
後ほど、詳細なご案内をさせて頂きます。
帯のお仕立てに要する期間は、仕立屋に渡す日から起算して約10日をご予定下さい。
お急ぎの場合はお申し付け下さい。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。
なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。

 

商品番号 skgo_93913
商品名 北村武資 作
羅八寸名古屋帯
上品羅
9尺5寸程
素材 絹(100%)
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい。
掲載のお品についての問い合わせが必要の際は、下段よりご連絡下さい。