夏季 単衣:穀紗九寸名古屋帯/天馬円文

西陣 帯地

夏季 単衣
天馬円文
穀紗九寸名古屋帯

穀紗 夏帯 天馬円文

穀紗(夏帯):九寸名古屋帯
『天馬円文』
 

穀紗は、「搦(から)み織」を用いた織物のひとつです(緯糸の間を経糸が捩ることで、経糸と緯糸に間をつくるイメージです)。その名称は、織り出された文様が、穀物(米)を並べたように映ることに由来しています。この穀紗の歴史は、古く、その原型は正倉院宝物の織物まで遡り、公家や神官の装束にも使われています。

こちらに掲載をさせて頂いている穀紗は、夏季とお単衣の時季にお使い頂ける九寸名古屋帯。そもそも、公家の装束などに使われている織物のため、宮廷的で、雅な垢抜け感覚を想わせ、また、搦み織がつくる透明感と単彩から憶えるイメージは清涼感を伝えています。

この穀紗『天馬円文』は、中国西域アスターナ遺跡から出土した7世紀頃の裂地:連珠対馬文錦から写されたデザインです。こうした馬や駱駝、人物をシンメトリーに描き、その周りを連珠模様で円の中に囲むデザインは、古代中国文化から渡来して正倉院を始め、飛鳥時代の寺院に伝えられています。
古代の宮廷文化から生まれた趣味性なのかもしれません。単純に、格調を伝えるだけではなくて、装飾的なはなやかさが感じられます。

余所行き以上のお単衣/夏季のお着物とあわせてお使い頂けます。
色無地 絽小紋 絽付下 等々

 

色は、僅かにグレイ色掛かった薄いミントグリーン系にあたります。

  • snwk_550439new+0123_640
  • snwk_550439new+234_640
  • snwk_550439456_640
  • snwk_550439345_640
  • snwk_55043567_640
  • snwk_550439new+123_640
  • snwk_550439new+0123_640 サムネイル
  • snwk_550439new+234_640 サムネイル
  • snwk_550439456_640 サムネイル
  • snwk_550439345_640 サムネイル
  • snwk_55043567_640 サムネイル
  • snwk_550439new+123_640 サムネイル

 

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
名古屋帯のお仕立てには、以下のお仕立方法がございます。ご注文の際にご指定下さい。

  • 名古屋帯仕立て
  • 松葉仕立て
  • 開き仕立て

帯のお仕立てについてはこちらのPageでご案内させて頂いています。

特に、ご指定のない場合は、名古屋帯仕立てとさせて頂きます。
お分かりにならない場合は、ご注文の際に「相談」をお選び下さいませ。
後ほど、詳細なご案内をさせて頂きます。
帯芯に硬さにつきましては、お品の素材を勘案して理想的な硬さの帯芯を提案致します。
帯芯の硬さにご希望がございましたら、お申し付け下さいませ。
帯のお仕立てに要する期間は、仕立屋に渡す日から起算して10日~14日をご予定下さい。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。
(052)262-5638
受付時間 10;00-18;30
なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。

 

商品番号 snwk_550439
商品名 夏季 単衣
天馬円文
穀紗九寸名古屋帯
長さ 9尺8寸保証(約3.7m/お仕立て上がり)
素材 正絹100%
価格 176,000円(税込)
お仕立代込み
ご連絡 お仕立て寸法・納期などにのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
お仕立て前のお品確認
名古屋帯お仕立て方法
追加料金が発生する場合があります。

掲載のお品についての問い合わせが必要の際は、下段よりご連絡下さい。