真栄城興茂 制作:琉球美絣

琉球染織

真栄城興茂 作
藍染め絹織:単衣
琉球美絣

真栄城興茂 美絣

真栄城興茂 制作:琉球美絣
藍染め絣織(絹織/単衣向き)

 

真栄城興茂は、琉球美絣を制作する染織家。

琉球美絣..、それは、あくまでも琉球織物に即した草木染め絣織物です。
琉球織物を基にして、琉球織物とは違う手法で制作された織物ではありません。琉球美絣は、古来より沖縄に伝承されてきた、生粋の琉球織物そのもののひとつなのです。
その染色のすべては、琉球藍、福木、楊桃、相思樹など沖縄の植物を使い、織は、あくまでも琉球織物が伝え残した「絣織」にこだわっている。
安易な染色手法..、化学染料を使うことはありません。施された絣織は、どこかで眼にした憶えのある琉球織物の"絣"のかたちをしています。

けれども、琉球美絣は、沖縄の土地の産業としての織物ではありません
首里織でもないし、南風原の織物でもない..、琉球美絣は、琉球美絣以外の織物ではないのです。

そもそも、琉球美絣は、真栄城興茂の実父真栄城興盛がつくり上げた、沖縄の風土に根ざした草木染め織物..、おそらくは40年以上は昔、現在の琉球絣とは比べものにならないほど手間を掛けられていた当時の琉球絣でさえも陰ってみえてしまう程、徹底的に自身の美意識を注ぐことでつくられた織物なのです。
伝統を、ただ、継承して制作するのではもなく、また、伝統に抗うこともしない。土地に伝承された染織を、学び、培い、つくられた..、真栄城興盛の理想とした琉球織物です。

こちらで掲載をさせて頂いた琉球美絣は、琉球美絣の継承者真栄城興茂の染織作品です。
緯糸に駒糸を使い織り上げられた単衣向きの絹織物。

この織物の殆どが琉球藍で染色されていますが、縞織が施されている箇所には、楊桃が僅かに使われています。そして、絣織は、伝統的な琉球織物の"絣模様"だけが織り込まれている..、創作的、独創的な"デザイン"の絣は、一切ありません。
琉球の絣織と縞織、そして、琉球藍..、この織物に施されているのはただそれだけです。

この琉球美絣を眼にしていると...、絣織、縞織、琉球藍、それ以上の何かが感じられる余韻が感じられます。

この琉球藍の美絣からは、綺麗なイメージが伝わって来ます。ほとんど見掛けることがないくらい綺麗さに満ちています。

  • rkyj398117abcd
  • rkyj398117520
  • rkyj398117+0123
  • rkyj3981170123
  • rkyj398117_abc
  • rkyj398117+xyz
  • rkyj398117xyz
  • rkyj398117+520
  • rkyj398117_520
  • rkyj398117abcd サムネイル
  • rkyj398117520 サムネイル
  • rkyj398117+0123 サムネイル
  • rkyj3981170123 サムネイル
  • rkyj398117_abc サムネイル
  • rkyj398117+xyz サムネイル
  • rkyj398117xyz サムネイル
  • rkyj398117+520 サムネイル
  • rkyj398117_520 サムネイル

この美絣の"色の感覚"は、制作者:真栄城興茂の"色"なのかもしれません。
眼に映る"色の感覚"は、"色そのもの"だけが映っているのではなくて、織..、絹糸と藍の色が相俟って、眼に映る"色の姿"として伝わってくるのだと思います。
透き通っているかのような"色の感覚"、まるで、色そのものが流れているかのような"色の感覚"..、独創的な絹糸の使い方が、どうやら、この美絣の"色の感覚"をつくっているのだと思います。

そして、施された絣織..、伝統的な"絣のデザイン"であるはずの"絣"は、この絹糸と"色の感覚"がつくる効果によって、まるで、伝統的とは違う"表情"を浮かべています。
やはり、この"絣"ひとつをみても、綺麗としか言えない"綺麗さ"が伝わってくる。絣と縞のデザインは、藍の絹織の中で煌めいているかの様なイメージが伝わってくるのです。

琉球藍と琉球の絣文様でつくられた絹織物です。
繊細な絹糸が美しく織り込まれています(実は、駒糸を織り込むことで、単衣としての織物を意識してつくられています)。
琉球藍は、まるで透き通るほどの綺麗さを伝え、絣は、まるで、藍の海の中に流れているかのようにも感じられます。
陽光を受けることで、この煌めく絣の表情は、移り変わる筈です。

この絣そのものは、決して小さくはありませんが、この"デザインバランスであるからこそ、動き、煌めくかの様な感覚を伝えてるのだと思います。

真栄城興茂が手掛けた染織作品の中でも、特に、藍と絣のバランスが整っている、秀逸な作品性を想わせる織物です。

 

着物と帯のあわせ..
首里手巾花織九寸名古屋帯(ルバースミヤヒラ吟子)とあわせみました。
秋向きの単衣のお着物を意識した「着物あわせ」です。

  • rkyj398117_00
  • rkyj398117abc
  • rkyj398117_00 サムネイル
  • rkyj398117abc サムネイル

 

*下段のフォームよりご注文を承ります。

 

この商品は、お仕立てを伴うご注文となりますので、お仕立て前のお手元でお品の確認対象商品に該当します。
「お手元でお品の確認」の詳細はこちらのPageでご案内を致しております。
送料は無料対象商品です。
お仕立代込みの価格表示となっておりますが、反物だけのご注文をも承ります(湯のし/湯通し加工までのご注文をも承ります)。
下段のお問合せフォームよりお問合せ下さい。
お誂え寸法などに付きましては、ご注文後に弊店より送信させて頂く「ご注文確認メール」にて詳細のご案内をさせて頂いております。
お着物のお仕立てについてはこちらのPageでご案内させて頂いています。
こちらのお品についてのご質問などがございましたら、最下段の質問フォームよりお問合せを承っております。
また、直接、お電話によるお問合せも承ります。
商品に関わる内容だけではなくて、お仕立て方法、ご購入方法についても、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。
(052)262-5638
受付時間 10;00-18;30
なお、実店舗での販売もしているため、ご注文を頂いた時点で販売済みとなっている場合もございます。
この点に付きましては、ご了承下さいます様、お願い致します。
商品番号 srkyj_398117
商品名 真栄城興茂 作
藍染め絹織:単衣
琉球美絣
1尺以内(約38cm)
総丈 3丈3尺程
主染料 琉球藍
素材 絹織(100%)
(薄絹/単衣向き)
価格 894,000円(税別)
お仕立代込み
ご連絡 お仕立には地入れ/衿裏/居敷当を含みます。
お仕立寸法・納期などのご案内は、ご注文後、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
お仕立て前のお品確認

掲載のお品についての問い合わせが必要の際は、下段よりご連絡下さい。