<喜如嘉の芭蕉布.八寸名古屋帯//花織と捩り入.福木>

喜如嘉の芭蕉布.八寸名古屋帯


●喜如嘉の芭蕉布八寸名古屋帯。
福木で染められ、花織と捩り織が施されたこの作品には、何かを飾るための美しさが伝わって来ます。芭蕉布特有の野趣な空気が感じられません。
芭蕉布の歴史を振り返ると、芭蕉布は「野趣の衣」だけはなくて、王族や貴族の衣裳のひとつでもあったのです。
特に、福木で染められた黄色は、王族だけが纏うことの許された"色"...、この芭蕉布が、絣ではなくて花織と捩り織によって"飾られて"いるのは、"特別な芭蕉布"を意識して制作されているのかもしれません。


http://www.kimono-shop.co.jp//item+77191/rkgo39503/index.html

福木 捩り入 花織 八寸名古屋帯