<山本由季:薄絹.染め九寸名古屋帯>

山本由季 染め帯


●染色家.山本由季制作の染め帯です。
単衣/夏季のお着物にお使い頂くために、薄絹(紬地)に染められています。


季節の図案が染められている訳はありませんが、夏季を想わせる雰囲気が作品を通じて表現されている様に感じられます。
温もりを伴った微風の中を舞っている花の図案は、帯の図案と言うよりも制作者.山本由季の心象風景がデフォルメされた一枚の絵画の様な印象を想わせます。

染色家.山本由季の美的な世界感が投影された薄絹に染められた染め帯です。


http://www.kimono-shop.co.jp/item+71777/skgso92153/index.html


山本由季 染め帯

<喜如嘉の芭蕉布.八寸名古屋帯//花織と捩り入.福木>

喜如嘉の芭蕉布.八寸名古屋帯


●喜如嘉の芭蕉布八寸名古屋帯。
福木で染められ、花織と捩り織が施されたこの作品には、何かを飾るための美しさが伝わって来ます。芭蕉布特有の野趣な空気が感じられません。
芭蕉布の歴史を振り返ると、芭蕉布は「野趣の衣」だけはなくて、王族や貴族の衣裳のひとつでもあったのです。
特に、福木で染められた黄色は、王族だけが纏うことの許された"色"...、この芭蕉布が、絣ではなくて花織と捩り織によって"飾られて"いるのは、"特別な芭蕉布"を意識して制作されているのかもしれません。



福木 捩り入 花織 八寸名古屋帯

<洛風林:百合文.九寸名古屋帯>

洛風林 百合文



●帯地工芸.洛風林が制作した九寸名古屋帯。
"百合の花"をテーマとした帯地です。
伝統的な西陣織にはない創造性に満ちたデザインが印象的ですね。
このデザインなんですが、よくみると同じ図案が繰り返し織り出されているだけなんですね。図案化された"百合の花"が単純に積み並べられている。
単純に..、と言っても、そもそも、"百合の花"のデザインはアールデコ調を想わせるし、その"百合の花"を単純に横に積み並べたデザインにも独創性が感じられます。
色数も控えることで全体の色相も落ち着いて感じられます。
デザイン性に満ちているだけではなくて、お着物を飾ると言うコンセプトも忘れてはいません。
洛風林らしい<実用の美>を想わせる帯地です。




洛風林 百合文 名古屋帯 

<勝山健史制作 九寸名古屋帯.三ッ横見菊文様>

勝山健史 三ッ横見菊名古屋帯

●勝山健史制作 九寸名古屋帯.三ッ横見菊文様

"三ッ横見菊"は、勝山健史の創作デザインではなくて、旧宮家の家紋としてデザインされた文様です。
純日本的、そして、高潔で凜とした感じを伝えるのは宮家の家紋ならではの空気感かもしれません。

けれども、この作品は、そうした空気感だけではなくて、現代的な気配をも感じられるのす。ほぼ完成されたデザインにも、この作品ならではの美的な感性があるのです。
これはこの作品そのものをつくっている素材(絹)の存在感と、織り出された文様と色相のバランス感覚...、作品制作に対する美的な感性なのかもしれせん。
古から伝承された文様を単純に写すのではなくて、完成されたデザイン(文様)に更に磨きを掛けるかの様に制作されてたのだと思います。
だから、古さなど微塵も感じられない..、そして、純日本的な美しさに満ちた西陣織帯地作品です。


http://www.kimono-shop.co.jp/item+71777/kgo99607/


三ッ横見菊文様

<"夏季のお着物と帯"の展示会のご案内>

中村澄子 八重山上布 芭蕉布 紋紗小紋


<夏季のお着物と帯"の展示会のご案内>

この展示会は終了致しました。

日時:2017年5月25日(木)から29日(月)まで
*28日日曜日はお休みを頂きます。

夏のお着物と帯を展示致します。

出品予定のお着物と帯
  • 絽/紗のお着物、絽/紗のお着物
  • 夏の絹織物
  • 麻織物と上布(八重山上布/越後上布)
  • 夏帯(薄絹染め帯/上布帯
  • 染織作家作品(勝山健史/新里玲子/北村武資など)
  • 竺仙/有松絞り
竺仙絹紅梅と博多献上帯 顕紋紗帯宮古上布 新里玲子